ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

この「よろこび」に共感できるのはクリエイティブな人間だけ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
この「よろこび」に共感できるのはクリエイティブな人間だけ

2017年4月25日、女性ライターErin Chackさんに待望の赤ちゃん(?)が生まれました。出産のまさにその瞬間をTwitterで投稿(のちにInstagramにも)した彼女の写真には、こんなコメントが添えられていました。

「一週間前の今日、私のかわいい、愛おしいわが子が生まれたなんて、まだ信じられない!」

実をいえば、彼女の言葉にはまだ続きがあるのですが、それは壮絶な出産シーンを失礼して覗かせていただいた後にしましょうか。

Erin Chackさん(@erin.chack)がシェアした投稿 – 2017 5月 2 9:14午前 PDT

分娩台の上で必死の形相のJoanneさん。いま、まさに赤ちゃんが出てこようとしています。助産師の声に息遣いを合わせるErinさん。この「よろこび」に共感できるのはクリエイティブな人間だけ

助産師のかけ声とともに「う〜んっ」。見守る夫の握る手にも力がこもる。この「よろこび」に共感できるのはクリエイティブな人間だけ

「さあ、ママもう一息。ガンバって!」この「よろこび」に共感できるのはクリエイティブな人間だけ

「ハァ、ハァ、ハァ…Come Onnnn…!!」この「よろこび」に共感できるのはクリエイティブな人間だけ

「頭が見えてきた。さあ、いきんで!」この「よろこび」に共感できるのはクリエイティブな人間だけ

「おめでどう!よくがんばった。元気な“新刊本”よ」

…はい?

これが、「産みの苦しみ」

この「よろこび」に共感できるのはクリエイティブな人間だけ

「……600グラム、234ページの元気な小説。ママはあなたを愛している」。

と、彼女の一連のコメントは、ここまでがフルセンテンス。2週間前、Erinさんは自著『This Is Really Happening』が上梓したよろこびを出産に喩えて表現したっていうオチ。

はい、不謹慎といえば不謹慎でしょう。でも、彼女の産みの苦しみが分からなくないのです。クリエイティブに携わる同じもの書きとして。それこそ生き血を通わせて、苦労して、そうしてつくりあげた自分の作品。

苦しみから逃げ出したら、幸せまで逃してしまうってことですよね、Erin。この「よろこび」に共感できるのはクリエイティブな人間だけ

ということで、ここは最後まで革新的でクリエイティブな彼女のジョークに乗っかって、こんな言葉でしめたいと思います。

Erin、よく頑張ったね。お幸せに。Licensed material used with permission by @erin.chack

関連記事リンク(外部サイト)

毎日がオドロキ。子どもを出産してわかった「20のこと」
動物園で生まれた、人間の赤ちゃん。まさかの記者会見!
パパに絶対「爪を切らせてくれない」赤ちゃんがカワイすぎる・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。