体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マイナーなジャンルで生きること。ゲームのピコピコサウンドで自分を表現する女子、TORIENA

アーティスト──。

そう聞いただけで、自分らしさを体現している人、というイメージが浮かんできます。

チップチューンアーティストのTORIENA(とりえな)さんもそう感じる人のひとり。作曲やアートワーク、ライブなど、作品全体に関わる活動を自身で行うアーティストです。

すべてを完璧にこなしているように見えるTORIENAさんですが、意外にも「自信なんてひとつだけあれば充分。24時間なんでも完璧にがんばらなくていい」ということを教えてくれました。

ゲームのピコピコサウンドがチップチューン

201705_toriena_02.jpgTORIENAさんが活動している「チップチューン」とは、自身も「まだまだアンダーグラウンド」と語る音楽ジャンル。

イメージしやすいのは、ひと昔前のゲームボーイやファミコンゲームのようなピコピコとしたサウンドです。

ゲームボーイやファミコンなどのなかに入っている、内蔵チップ音源で出る音を使って作曲することを誇りに思う気持ちから、チップチューンというジャンルは生まれたそう。

チップチューンのサウンドは、専用のソフトを使って、ゲームボーイが出す音で作曲することが主流。ですが、やっている人にしかわからないような心構えやルールが存在しています。

悩みぬいた結果なのに、通じなくて悔しかった

201705_toriena_04.jpg2012年からチップチューンの活動を開始したTORIENAさん。

楽曲の原点は、チップチューン特有の心構えが反映されたものでした。ゲームボーイのみでの作曲を2〜3年ほど続けていたそうです。

Black Dance Hole by TORIENA

──ポップスなどと比べてマイナーなチップチューンというジャンル。活動していくことに対して悩みはありましたか?

「18歳くらいから活動をしていて、昨年事務所に入るまではずっとひとりでした。楽曲を作ることはもちろんひとりだし、マネージャーもいないので、スケジュール管理からグッズの発注、事務作業まで全部ひとりで対応していたんです。

ひとりで活動している、というだけで雑に扱われたり、女性というだけで、「男の影響だし、すぐあきてやめる」みたいに言われたこともありましたね。自分なりに苦労して…。がんばって積み上げてきたのに、なんで冷たく言われないといけないんだろう? とショックを受けたこともあります」

──TORINAさんの中で、気持ちはどう変化していきましたか?

「最初の1〜2年は「音楽活動」そのものを重視していたので、Tシャツなどカジュアルな格好で、顔出しをしないで活動をしていました」

torienaさん(@toriena)がシェアした投稿 – 2013 10月 6 8:06午後 PDT

「でも、ライブを重ねていくうちに、楽曲だけではなく自分の世界観を表現したいと考えるようになったんですね。そこで、曲の世界観に合ったキレイな格好をしてライブをした方がいいと思って、ちゃんと衣装を着るようになりました」

torienaさん(@toriena)がシェアした投稿 – 2017 2月 26 2:26午前 PST

「そうやって活動を続けていくうちに、チップチューンが大好きだからこそ広めたいという気持ちも強くなっていって。

ゲームボーイのみで作曲することは私の原点でふるさと。でも、チップチューンという音楽を知らない人が聴いたときに、せんぶ同じ音に聞こえてしまう。そうしたら、もっと身近に感じてもらいたいといと思うようになりました。

で、PCの作曲ソフトで制作した音を取り入れて曲をリッチにしたり、作詞とボーカルもはじめました。ルールにこだわっていた私にとっては苦しい選択だったけど、外に目を向けてこだわりから脱却したんです」

──TORIENAさんの変化に対して、どういう反応がありましたか?

「衣装を着ることや、ゲームボーイのみで作曲することからの脱却は、大好きなチップチューンを広めるために悩み抜いた結果です。

でも、初期の着飾らないでインストの曲をやっている私をかっこいいと思ってくれた人のなかには、「歌とか歌いはじめて、衣装を着て、アイドルっぽくなった。男にこびはじめた」と批判的な意見の人もいました」

「私は、音楽活動をしていくうえで、自分にとって意味のないことはしないと決めています」

「外に向けて自分自身を見せる努力をしよう、と考えたのは、独りよがりじゃなくちゃんとエンターテインメントとして作りたいなって気持ちがあったから。自分がいろいろ苦しんで悩み抜いた結果を、単純な視点で見られると不服というか、通じないのかぁ、って落ち込みますよね。すごく悔しかったな」

「当時、理解されなかったことは大きな壁でした。それでも、私のスタイルを認めてくれるファンも徐々に増えたことで、乗り越えることができたし、トータルで作品としてみせていくことを決意できたんです」

TORIENAというキャラクターを通して、なりたい自分を演じている

201705_toriena_03.jpg──TORIENAさんは、SNSなどでも考えなどをはっきりとした言葉で発信しています。自分の気持ちや意思を表現することは、昔から得意でしたか?

私はTORIENAが終わるまで未完成の作品だと思っている。
作品の中に成長過程の変化はあってもやる事でも変化でも何故なのか一つづつに意味がないといけない。
生きている意味の一つとして存在しているからTORIENAが存在する限り、TORIENAを成立させている存在は私の命と同価値
— TORIENA (@toriena) 2017年1月26日

「私は、自分の気持ちを外に向けて出していけるタイプじゃなかった。というか、わりと暗かったんです。でも、心の底では、自分の気持ちをしっかりと伝えたいって思ってた、ずっと。だからいまは、TORIENAというキャラクターを通して、なりたい自分を演じている感覚があります」

「言葉で表現することが苦手だった私にとって、自分の気持ちや無意識を残しておけるツールが音楽。誰かにとってはただの電子音でも、自分にとっては感情が込められているもの。自分の音楽を聴くと、そのときの感情や気持ちがよみがえるんです。言葉より音楽のほうが、自分の気持ちを表現できるんですよね」

音楽や創作全般好きだし自分の哲学を作品に反映させている時に生きてる実感がある、生きていれば自然と成長したり変化するからそれを一つづつ形にして自分の気持ちをなるべく素直に残していく

— TORIENA (@toriena) 2017年1月30日

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy