ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

NTTレゾナント、スマートフォンサイトの自動レイアウトチェックサービスを開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NTT レゾナントは 5 月 9 日、スマートフォンサイトのレイアウトを自動で検証する WEB ベースのテストツール「Auto Layout Checker(β)」を公開しました。ツールは「goo ラボ」内で提供中です。Auto Layout Checker は画面サイズ・解像度の異なるスマートフォンで WEB ページを表示した際のレイアウトの崩れなどをチェックできる WEB サイトです。Android スマートフォンには様々な画面サイズ・解像度の機種が販売されているので、実機に WEB ページを表示させて実際の表示内容を確認したり、レイアウトの差異をパーツごとに比較することができます。ツールの使い方は下記のリンク先に解析対象の URL を入力し、デバイスを 2 つ選択した後、「解析開始」ボタンをクリックするだけです。あとは解析終了まで 1 ~ 2 分ほど待ちます。Auto Layout Checker では画像認識技術を活用しており、パーツに分けて比較するので、同じ要素を移動・削除・変更した場合でも比較することができます。■ Auto Layout CheckerURL : Auto Layout Checkerhttps://labs.goo.ne.jp/autolayoutchecker/

■関連記事
ナビアプリ「Waze」にルート案内の音声を吹き込んだ声に変更できる機能が追加
UPQ Phone A01Xで充電中にバッテリーが発火する恐れ、メーカーが声明を発表
OnePlus 3T 128GBモデルが早くも販売終了に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。