ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

浮遊するオーガニック・サウンドの春宴。デヴェンドラ・バンハート、バンド編成で魅せた演奏家としての確たる意志

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
浮遊するオーガニック・サウンドの春宴。デヴェンドラ・バンハート、バンド編成で魅せた演奏家としての確たる意志

 5月8日、ビルボードライブ大阪にて、現代フリーフォーク・ムーヴメントの立役者、デヴェンドラ・バンハートの大阪公演が開催された。
 
 オープニングアクトとしてメンバーのロドリゴ・アマランテが登場。ギターをほろほろ奏でながら歌う曲はフォーク、ボッサ。ムード歌謡?のようで場内を柔らかく包み込んだ。

 そして本日の主役、デヴェンドラ・バンハートが登場。茶系のスーツにTシャツ、皮のサンダルと、いかにもないでたち。1曲目は最新アルバムの中から「Saturday Night」従来のフォーキーなサウンドとともに東洋的なサウンドも混じり端から彼の独特な世界に放り込まれたようだ。MCでは「ありがとうございます」「元気ですか」と日本語で話をし、浮遊感あふれるサウンドは耳の奥を細い羽根のようなものでくすぐられているようでそれが心地よく、暗いはずの場内が一面緑の草原や、大海原、はては砂漠のど真ん中といった全て同じ色の場所の中にいるような錯覚を起こさせる。

 決して強い口調で歌うわけではないのに演奏家としての確たる意志を感じさせるのはそのジャンルレスな音を見事にまとめているからではないだろうか。だからこそこの春うららな時期にぴったりとはまったと感じるのは筆者だけではないはずだ。ネタバレにはなるが日本好きな彼に敬意を表してあえてこの言葉で締めたい。「信仰と愛、愛と信仰」。

 5月10日はビルボードライブ東京そこでもその不可思議な世界にオーディエンスを引き込むこと間違いない。

Photo:Kenju Uyama

◎公演情報
【デヴェンドラ・バンハート Billboard Live Japan Tour 2017】

ビルボードライブ大阪:2017/5/8(月) ※終了
1stステージ開場17:30 開演18:30 / 2ndステージ開場20:30 開演21:30
>>公演詳細はこちら

ビルボードライブ東京:2017/5/10(水)
1stステージ開場17:30 開演19:00 / 2ndステージ開場20:45 開演21:30
>>公演詳細はこちら

INFO: www.billboard-live.com

関連記事リンク(外部サイト)

デヴェンドラ・バンハート、来日時にBEAMS RECORDSにてインストア・ライブを開催
TLC、最後のオリジナル・アルバムのタイトル&トラックリストが明らかに
さらなる変貌を遂げ、深く豊かな表現力を見せつける約6年ぶりの渾身作 ファイスト『プレジャー』(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。