ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Qualcomm、プレミアムモデルの機能を多く取り入れた新SoC「Snapdragon 660」と「Snapdragon 630」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Qualcomm は 5 月 9 日、次世代の Snapdragon 600 シリーズの SoC として、Snapdragon 660 と Snapdragon 630 を正式に発表しました。この 2 つの新 SoC は 2017 年のミッドレンジスマートフォンを支える重要な製品で、Snapdragon 660 は現在出荷中、Snapdragon 630 は今月末より出荷されます。特徴はミッドレンジモデル用の SoC ながらも、Snapdragon 800 シリーズの機能を多く取り入れた点です。Snapdragon 660 は Snapdragon 653 の後継モデルで、より微細な 14nm プロセスと Qualcomm のカスタム CPU「Kryo 260」を採用しました。Kryo 260 は 2.2GHz 駆動のハイパフォーマンスコア x4 と 1.8GHz 駆動の低消費電力コア x4 を組み合わせたオクタコア CPU で、従来比 30% も性能が向上したと言われています。GPU は Adreno 510 から Adreno 512 に、ISP はデュアル構成を維持していますが、上位の Spectra 160 を採用しました。Snapdragon 630 は既存の Snapdragon 626 の後継モデルで、14nm の製造プロセスや CPU コアの種類は変わりませんが、CPU の性能は 10% 向上していると言われています。CPU は最大 2.2GHz 駆動の Cortex-A53 x4 + 最大 1.8GHz 駆動の Cortex-A53 x4 です。また、GPU は Adreno 505 から Adreno 508 にアップグレードしており、最大 QXGA 解像度のディスプレイをサポートしました。さらに、デュアルチャネル LPDD4X 1,333MHz の RAM インタフェースをサポートしました。両 SoC は最大 8GB RAM、Vulkan API、次世代の電子式手ブレ補正機能「EIS 3.0」、Quick Charge 4.0、USB 3.1、Bluetooth 5、2X2 MIMO の Wi-Fi をサポートしています。セルラー機能ではモデムが X9 LTE から X12 LTE にアップグレードしています。Source : Qualcomm

■関連記事
NTTドコモ、P-smartケータイにWi-Fiテザリング機能を追加、Xperia A4とdtab d-01Hでも不具合修正アップデートを開始
Instagramのモバイルサイトで写真の投稿が可能に、PWAにも対応しアプリのように動作する
Google、Android用Chromeで行ったダウンロード機能の改良点を紹介

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。