ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

赤ちゃんのへそからドロッとした膿が!ただのでべそだと思っていた「臍肉芽腫」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20160923194748j:plain

娘のへその緒がとれたのは生後二週間の頃。

その後は消毒を続けていましたが、出血が落ち着いた生後一か月を過ぎる頃にはケアをやめていました。

しかし、娘が生後二か月を過ぎてもでべそになっているのを見て、母が「赤ちゃんのへそってこんなに出てるっけ」と、不思議そうに話しかけてきたのです。

一人っ子で育った私は他の赤ちゃんのへそを見た経験がなく、そのうちでべそは引っ込むだろうとのんきに考えていました。

実際一か月検診の時点では、先生からへそはきれいに治っていると言われたため、でべそが正常だと思い込んでいたのです。

しかし、母に言わせれば生後二か月をとっくに過ぎているのに、へそがこんなに出ているのは病気の可能性があるとのこと。

私はその言葉に少し不安を覚えながらも、娘のへそを何とかしようという気にはなりませんでした。

状況が大きく変わったのは、母からでべその指摘を受けて一週間が過ぎた生後二か月後半。

娘をお風呂に入れようと洋服を脱がせたら、へそから黄色いドロッとした液体が大量に出ていたのです。

それを見た私は、ふと母から言われた「でべそはおかしい」という言葉を思い出し、すぐにネットで「赤ちゃん でべそ 膿」と検索をかけました。

調べた結果、でべそに膿という症状に合致したのが「臍肉芽腫(さいにくげしゅ)」という新生児ならではの病気。

この臍肉芽種はへその緒の組織がへその内部に一部残ることで、しこりができ、でべその状態になる病気です。

放っておくと細菌感染を起こして黄色っぽい膿や出血が見られるほか、最悪全身に細菌が回って敗血症になる可能性もあるとのこと。

敗血症と言えば赤ちゃんが命を落とす病気だと認識していた私は、当日のうちに娘を小児科に連れて行きました。 関連記事:臍ヘルニアがシュウマイ大に! 「様子を見て」と言われても…不安な私を支えてくれた母

そして先生から診察を受けた結果、やはり娘のでべそは臍肉芽腫によるものと診断されたのです。

本来、臍肉芽腫があったら、ひもで縛って自然としこりがとれるのを待つか、レーザーで焼き切るという治療法を行うそうです。

しかし、ここで問題になったのが娘のへそのしこりが小さすぎて、ひもで縛ったりレーザー治療を行ったりができないこと。

治療ができないとの衝撃の言葉に、頭がクラクラした私に先生が告げたのは、とても意外な治療法でした。

臍肉芽腫を治すために用意してくださいと言われたのが、なんと市販されているベビーパウダーだけ。

このベビーパウダーを娘のへその中に振りかけて、ぐじゅぐじゅに膿んだへその炎症を抑えるという驚きの治療法だったのです。

あせも予防が目的のベビーパウダーの多くは、酸化亜鉛という成分が入っています。

この酸化亜鉛は肌を乾燥させてサラサラにする効果があるため、へその中のぐじゅぐじゅにつけて乾燥させれば、やがて自然とへその緒がとれるのだそうです。

意外な治療法に半信半疑な気持ちでいながらも、それから二週間ほど娘のへその中にベビーパウダーを塗り続けました。

その結果、へそから膿が出てくることはなくなり、やがてしこりもほとんど目立たなくなりました。

今ではへそも引っ込んで正常に。赤ちゃんの病気は本当にさまざまで、思いもよらぬところに原因が潜んでいるのだと痛感した経験でした。 関連記事:退院後も続くおへそからの出血。先生は「まだ乾燥してないだけ」と言うけど…。再診して判明したのは臍肉芽腫!

毎日娘とラブラブに過ごしている未婚の母。日中は産後太り解消のため娘とヨガやダンスを楽しみ、夜にライターとして活動する毎日です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。著者:いがらしもけけ

年齢:20代

子どもの年齢:0歳6か月の娘

関連記事リンク(外部サイト)

新生児も風邪を引く!症状を緩和させるために購入したお役立ちアイテムとは
忘れられない授乳室での話、そして今「この子が可愛い」。ダウン症の娘との3年半
予防接種したその夜に初めての発熱!? 夫婦ふたりで慌てず見守ることができた、2つの対策 by 眉屋まゆこ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。