体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【大論争】どうなる? どうする? 飲食店のタバコ問題

f:id:Meshi2_IB:20170427124825j:plain

仕事帰り、なじみの居酒屋さんで生ビールを一口。

そして、いつものタバコに火をつけて一服。

あー、労働後の一服はたまらないねぇなぁーなんて人も多いかもしれないが、

こんなことができなくなる日がもうすぐやってくるかもしれない……。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、飲食店におけるタバコのルールが大きく変わろうとしている。2017年3月1日、厚生労働省は、他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙防止策を罰則付きに強化する健康増進法改正案の骨子を発表し、年度内での国会提出および可決を目指している。

この中でもっとも注目されるのが飲食店での喫煙だ。その内容は、30平方メートル以下のバーなどに限って例外として喫煙を認めるが、レストランや居酒屋さんなどは屋内禁煙(喫煙専用室の設置可)とするというもの。悪質な場合、施設管理者に最大50万円、そればかりか、たばこを吸った本人に同30万円の過料が科される。

また電子タバコは、まだ正確な研究結果が示されていないことから禁煙の対象外となっている。

f:id:Meshi2_IB:20170507154335j:plain f:id:Meshi2_IB:20170424190403j:plain

※厚生労働省WEBサイトより引用

近年、ファミリーレストランやファストフードといった大手チェーン店をはじめとして分煙がかなり進んではいる(分煙効果判定基準策定検討会報告書のように分煙自体も意味がないというデータもあるが)。

しかし現状では、居酒屋さんや中小の喫茶店や食堂の中には分煙すら行われていないお店が少なくない。このような状態であるのだから、完全禁煙を定着させようというこの改正案は今、飲食業界に大きなインパクトを与えている。すでに各マスコミやネット上ではカンカンガクガクと、賛成と反対双方の意見が噴出しているのだ。

いったいぜんたい、何が良くて何がダメなのか。賛成派、懸念派(慎重派)それぞれの声を拾ってみた。

全面禁煙は減収につながるのか

まずコンサルタントで有名ブロガーの永江一石氏にお話しをうかがう。

ネットでは「全面禁煙推進派の急先鋒」との呼び声も高い永江氏は、自身のツイートやブログでことあるごとにタバコの害を唱えている。

ホテルに禁煙ルームがあるように、電車にも非喫煙者車両作ってほしい。すごい体臭の喫煙者が隣に来ると吐きそう— Isseki Nagae/永江一石 (@Isseki3) 2017年3月15日

タバコの受動喫煙で年間6800人死んでる。もうこれ、傷害罪適用でいいんじゃない?受動喫煙で年間6800人が死亡 厚労省研究班 | 最近の関連情報・ニュース | 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 https://t.co/8E9hfmTxMY— Isseki Nagae/永江一石 (@Isseki3) 2017年2月12日

タバコ臭いカーテンや服からは有害物質が出ているという大学の研究のエビデンスがある。タバコ臭い人はいまそのとき吸ってなくても歩く有害物質でもある。— Isseki Nagae/永江一石 (@Isseki3) 2017年3月15日

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。