ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

中国とネパール国境名物「カラフルトラックの行列」を見に行こう / どうせなら国境越えを

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
nepal1

中国の樟木(ダム)と、ネパールのコダリは、両国の国境の街として隣接しています。ここは険しい山奥にあり、本来ならば道路や街なんて作るような場所ではないのですが、いまでは重要な国境ラインとして連日多くの人が訪れています。

・クルマでネパールへ国境越え
この場所、日本人はほとんど訪れません。もし行くことがあるとすれば、中国からチベットを経由して、クルマでネパールへ国境越えをする時くらいでしょう。ここには二つの観光名所があり、ひとつは中国とネパールの友好橋。もうひとつはカラフルトラックの行列です。

nepal12 nepal7 nepal11 nepal10 nepal6 nepal8 nepal4 nepal5

・動かないまま放置されているトラック
友好橋は本来の意味での観光名所といえますが、カラフルトラックはいつの間にか名所になっていた不思議な存在。険しい山にジグザグに作られた道があり、そこにトラックが渋滞しているのです。いや、渋滞というべきか、駐車というべきか、微妙なところですが、動かないまま放置されているトラックもたくさんあります。

・あらゆるトラックが並んでいる
「微妙なところ」というのは、単なる渋滞ではないから。通関を持っているトラックと、渋滞に巻き込まれて動けないトラック、動かないから運転手が飯を食いに行ってしまったトラック、動くのを明日にしちゃったトラック、そして駐車しているトラックなど、あらゆるトラックが並んでいます。

nepal9 nepal3 nepal1 nepal2

・その光景に驚かされる
どのトラックもカラフルなデザインをしているため、初めてこの国境地帯を訪れた人は、その光景に驚かされるといいます。このあたりは常に渋滞しているので、乗ったままイミグレーションまで行こうとすると何時間も待つことがあります。国境を越えたい人は、乗物から降りて徒歩でイミグレーション付近まで行くのが常識です。

ここまでカラフルトラックだけを見に行くのはもったいないので、どうせなら中国からネパールへと国境越えをしてみてはいかがでしょうか。ちなみに取材時、日本人はネパールから中国へ入国できませんでした。

もっと詳しく読む: 中国とネパール国境名物「カラフルトラックの行列」を見に行こう / どうせなら国境越えを(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2017/05/09/colorful-track-of-the-border/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。