ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

妊娠中一番辛い時期だった!布団の中で、つわり、痛み、不安にひとり向き合い続けた安静生活 by モチコ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

妊娠判明とともに、子宮内の出血を指摘された私。しかしその1週間後の診察で出血は収まったと言われ、妊娠前と同様、フルタイムで働き、日によっては残業をしたり飲み会に参加したり(もちろんアルコールは飲んでませんよ!)という生活を送っていました。 前回エピソード:両家への妊娠報告。超絶浮かれモードの親たちとテンションの違いが露呈・・・by モチコ

そんな生活をすること約1週間。

何と再び、出血!しかも鮮血!

病院の先生からは自宅安静を言い渡されました。

この安静生活、先生に言われたときは「横になってればいい生活なんて楽やん」と思っていたのですが…。意外や意外、辛い日々の幕開けでした。

まず、つわりの時期だったのに、

f:id:akasuguedi:20170427084212p:plain

安静のため、常に横にならなければならず、体を起こす作業ができない。しかし吐き気でテレビを観たり本を読んだりもできない。そのため気を紛らわせることが全くできず、常につわりと向き合っていました…。

そして1日横になっていると、

f:id:akasuguedi:20170427084228p:plain

肩が痛くなったり腰が痛くなったり腕がしびれたり…。伸びをしたくても「これが子宮に悪影響を及ぼすんじゃ…」と考えて控えていました(実際どうかはわかりません)。そのためますます体が固まり痛くなるという悪循環。

さらに、家にひとりだったため、

f:id:akasuguedi:20170427084244p:plain

話し相手がいないと、つわりの辛さも体の痛さも、自分ひとりで消化しないといけません。辛さが解決しなくても、聞いてもらうだけで気持ちは軽くなるのに、その相手がいない!旦那の出勤前と帰宅後に寝てしまい、誰とも話せず1日が終わったことも…。

しかも常に頭にあるのは

f:id:akasuguedi:20170427084306p:plain

という大きい大きい不安。これが一番辛かった・・・!

この時期もちろん胎動はないので、赤ちゃんの様子は想像するしかなく、前回の出血のときと同様、ネットの検索結果にいろいろ想像して一喜一憂。

「落ち込んでも楽に過ごしてても結果は同じなら、落ち込まずに過ごした方がいい!」と自分に言い聞かせるも、身体が動かせず、つわりや身体の痛みもあり、しかも家に一人…思考はどんどんマイナス方向へ。

何かをすることで出血が収まるなら、それを必死にやって「これだけやった!」という充足感で気分もプラスに持っていけそうですが、安静生活でするべきことは「何もしないこと」。仕事もできない、家事もできない、しかもつわりで苦しい…。

マイナス思考がきわまると「私、今何の役にも立ってない!」とまで思ってしまうように。妊娠前は「役に立つ云々」なんて考えたこともなかったのに…。

今思うと「いや、腹の中で命を育んでるやないか!」「安静生活を必死にやってるやないか!」と言えるのですが。ネガティブ、恐ろしい…! 関連記事:繰り返す出血に今できることは「安静」のみ!ほぼ室内を出ずに過ごした妊娠初期 by pika

そんな生活を続けること約1ヶ月。また病院へ行きました。

診察結果は「子宮内の出血はだいぶ減っています。胎盤もしっかりしてきたし、安静は解除しましょう。」

…や、やったー!!!

ということで、約1ヶ月の安静生活が終わりました。

振り返ると、娘の出産まで一番辛いのがこの時期でした。

安静指示を受けた方、「こうすれば良い」ということは悲しいかな、ありません…。とにかく横になり、時が過ぎるのを待ってください!体は辛いし孤独も不安もあるかと思いますが、マイナスなことばかり考えず、なるべく明るく過ごしましょう…!(説得力ゼロ) 関連エピソード:待望の妊娠と同時にわかった子宮内の出血。先生からの言葉を噛みしめて過ごした1週間 by モチコ

f:id:akasuguedi:20170219061635p:plain著者:モチコ

年齢:30歳

子どもの年齢:2歳、0歳

ひょうきん系の娘イチコ(2014.3生まれ)と癒し系の息子二太郎(2017.2生まれ)を育てている関西人主婦。ブログとinstagramで子育て4コマ&イラストを公開しています。

ブログ:「かぞくばか~子育て4コマ絵日記」

インスタグラム(アカウント:@mochicodiary)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

双角子宮に双子妊娠
長いつわり
何と!ハネムーンで赤ちゃん、でも帰りの飛行機が心配~

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。