体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカで話題のスープダイエット、本当に痩せる? 30代記者が実体験してみた(2) 衝撃の中間測定編

アメリカで話題のスープダイエット、本当に痩せる? 30代記者が実体験してみた(2) 衝撃の中間測定編

これまで、新刊JPでは巷のダイエット本の内容を実行する企画を幾度も行ってきた。しかし、目に見える成果が出た事例があるかというと、どれも「中途半端」といった感がぬぐえない。

夕食はバナナなどのルールを設けた2週間のダイエットに挑戦した新刊J子は、結局ルールを守れず、痩せたはいいものの、目標のマイナス2キロに程遠いマイナス1.2キロで着地。2週間で1.2キロでは、「計量前日にサウナ入っただけじゃないか」と言われたら言い訳が難しい。

「ガチアスリートダイエット」に挑戦したジン君は、2カ月という期間で、81.8キロから73キロの減量を目指した。途中までは順調に落ちていったものの、やはり途中から過酷なメニューをこなせなくなり、中間計測からまさかの体重増でフィニッシュ。76.7キロという結果になった。増えてどうする。

ダイエットは失敗がつきもの。しかし、ここまで結果にコミットできないとなると、新刊JP編集部の威信にも関わるものがある。そろそろ誰か結果を出せる奴はいないのか?という声もあり、今回はこの男が立ち上がった。

新刊JP編集部のリーダー、カナイ。33歳、独身、一人暮らし。「最近太ったなあ」と言いつつ、家系ラーメンを週2回、ラーメン全体だと週4回食べ、深夜にお腹が空けばハンバーガーを食べに行くというファットな生活を送る彼に、私、割井はニューヨークで話題のダイエット『最強ボーンブロス食事術』(集英社刊)を渡した。

ボーンブロスという、鶏の骨や魚の骨を煮込んだスープを食生活の中心に据え、ローカーボ(糖質制限)ですっきりキレイに痩せていくというダイエットである。ボーンブロスにはコラーゲンもたっぷりということなので、ダイエット時にありがちな「疲れきった肌」感にはならないという。

また、レシピも100種類掲載されており、NG食材を避けてOK食材を食べればいいという、いかにもラクそうなダイエットである。

カナイ「でもこれさ、ちゃんと読んでみるとつらそうだよ」

割井「なんでですか」

カナイ「ローカーボ(糖質制限)はいいとして、大豆や乳製品もアルコールもダメって結構やばいぞ。何食べるんだよ」

割井「肉と魚と野菜をお腹いっぱい食べられるのだからいいんじゃないですか? ドレッシングの作り方もあるし」

カナイ「そういうもんかなあ。一人暮らしで、独身で、ごはんを作ってくれる人もおらず、作ってくれる人ができる兆しもなく、深夜に帰宅して、早朝から仕事をして、深夜まで働く生活をしているんだよ、僕は。だいたい何のためにこんなことをするの?」

割井「痩せるためでしょ」

こんなやりとりを経て、やる気になったカナイ。

しかし無理をして体調を崩されては仕事に支障が出るので、「体調だけには気を付けてください」と伝える。

4月27日からスタートした「ボーンブロスダイエット」

本書の著者のペトルッチ氏の指南に従い、期間は3週間。まずは自宅でボーンブロスを作ってもらう。

また、同日第一回計測が行われた。その結果はこちら。

身長:171.5cm

体重:72.1kg

二の腕:26cm

バスト:92.5cm

ウエスト:92.5cm

ヒップ:99cm

太もも:50cm

BMI値:24.5

スリーサイズがいずれも90センチ台という、さながらドラム缶ような体型

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy