体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京ディズニーシー(R)に屋内型アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」がオープン!

東京ディズニーシー(R)に屋内型アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」がオープン! OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5月12日(金)に人気のディズニー映画「ファインディング・ニモ」と「ファインディング・ドリー」の世界を舞台にした屋内型新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」がグランドオープン!

ワクワクと、ちょっぴりのスリリングさが混ざった海の冒険を体験できるこのアトラクションについてご紹介します♪

愉快な海の仲間たちがモチーフになった新メニューもお見逃しなくッ!

「ニモ&フレンズ・シーライダー」がグランドオープン!

いったいどんなアトラクションなの?

「ニモ&フレンズ・シーライダー」は人気のディズニー映画「ファインディング・ニモ」と

「ファインディング・ドリー」の世界が舞台となっています。

シーライダーと呼ばれる潜水艦に乗り込み、映像と連動するライドシステムの動きによって、

海底の世界をニモたちと同じ目線で体験出来る屋内型アトラクションです。ニモ

ストーリーを少しだけ公開!

このアトラクションの舞台は、ポートディスカバリーの中心的な施設である海洋生物研究所。

研究所を訪れたゲストは、海洋生物研究所の科学者たちがチヂミニウムと呼ばれる特殊な素材を開発したことを知ります。ニモ ニモ

このチヂミニウムを使って作られたのが、魚の形をした潜水艦「シーライダー」です。

チヂミニウムは電気を通すと収縮するという特性があるため、中に人間を乗せたまま

潜水艦は魚サイズに縮むことが出来ます。

海中に潜ると、映画でもおなじみのニモやドリーたちに加え、

タコのハンクやジンベエザメのデスティニーなど人気のキャラクターたちが!ニモ ニモ

さまざまな仲間たちと交流しながら、

わくわくでちょっぴりスリリングな海の世界を冒険します。ニモ

アトラクションの見どころをご紹介!

このアトラクションの魅力は、なんといっても美しい海の世界!

な、な、な、なんと!アトラクションの映像は「ファインディング・ドリー」のピクサー・アニメーション・スタジオ映画スタッフが集結して作っているものなのです!

臨場感あふれる美しい海の世界がスクリーンで展開される様子はまさに圧巻です。ニモ
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会