ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

水曜日のカンパネラ、史上初 夜の競馬場に忍び込み一夜限りの配信限定生ライブ決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
水曜日のカンパネラ、史上初 夜の競馬場に忍び込み一夜限りの配信限定生ライブ決定

水曜日のカンパネラが、東京競馬場から史上初となる配信限定の生ライブを行う。

これは、2017年5月28日に東京競馬場で行われる第84回日本ダービー(GI)と水曜日のカンパネラがコラボレーションしたプロジェクト「東京遊駿」の一つで、5月10日に一夜限りの配信限定スペシャルライブを行う。

今回のライブは、東京ドーム約13個分の敷地面積(622,635㎡)、来場者数約15万人を集客する東京競馬場で観客を入れず、水曜日のカンパネラの公式Facebook、Twitter、Youtubeという3つのSNSから同時中継される一夜限りのインターネット配信限定ライブとして東京競馬場初の試みとして実施される。本ライブ映像は開催後、24時間限定で特設サイトにてアーカイブ視聴することが可能で、以降は一切見ることのできないスペシャルライブとなる。

今回のスペシャルライブは水曜日のカンパネラが実際に競馬場に訪れた際、想像を超える壮大なスケール、馬の躍動感に魅せられた感覚をそのまま味わってほしいという思いから日本ダービーとのライブのコラボレーションが実現。今回、コムアイは「ダービー出走馬」として馬運車から登場し、レース前の馬体検査やレース会場へと向かう様子をサーモグラフィーカメラやダンサーが登場するなど様々な仕掛けの中30分のライブを表現していく。

ライブ監督はlyrical schoolの縦型PV“RUN and RUN”などを手掛けた隈本遼平氏、篠崎愛の「世界初の通話連動型MV」を手掛けた野澤直龍氏らが全体のクリエイティブ・ディレクターとして参加しており、ライブ衣装はPerfumeやYUKI、CHARAなどのMV衣装を手がけたToshio Takedaがコーディネート。数々の話題をつくりだしてきた著名クリエイター参加し、今回のライブを作り出している。

水曜日のカンパネラがどのような表現で夜の競馬場を彩っていくのか、史上初の試みとして行われるプレミアムライブを、ぜひ体感してほしい。

ライブ情報
「東京遊駿」TIME TO PLAY
2017年5月10日(水)21:00~21:30
東京競馬場(東京都府中市日吉町1-1)
視聴方法:Facebook Live / Twitter / Youtube(https://youtu.be/cbSCE9pN0wk)LIVE
※本日5月8日より特設ページにて事前視聴予約を開始します。
特設サイト:http://umabi.jp/tokyo-yushun/
※本ライブ動画は生配信のみとなり、アーカイブでの保存は公開後24時間限定となります。
※当日は一般の方が入場することはできません。

関連リンク

水曜日のカンパネラ オフィシャルサイトhttp://www.wed-camp.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。