体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『ワンダーウーマン』のファイナル・トレーラーがMTVムービー&テレビ・アワードでサプライズ公開

米ワーナー・ブラザースは、5月7日(現地時間)に開催されたMTVムービー&テレビ・アワードで、映画『ワンダーウーマン』の最新トレーラーを公開した。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』やリメイク版映画『IT/イット』のクリップが公開されたのに続き、ガル・ガドットがスーパーヒーローを演じる2分34秒のトレーラーがサプライズ公開された。パティ・ジェンキンスが監督を務める『ワンダーウーマン』の新トレーラーは、これまでに公開されたわずかな映像と同様に、ほぼ全編にわたってガル・ガドット演じるダイアナの姿を映し出している。

しかし今回の映像では、ダイアナとスティーブ・トレバー(クリス・パイン)の関係性を掘り下げ、敵を一掃する壮大なアクションシーンを見せている。

この映像は、大きな変化を迎えて初開催されたMTVムービー&テレビ・アワード(以前はMTVムービー・アワードとして知られていた)の中で公開された。長年ファンが楽しみにしてきた最優秀キスシーン賞、最優秀ヒーロー賞、最優秀悪役賞などはそのまま残し、以前までの最優秀男優賞、最優秀女優賞の部門については、性差を区別しない最優秀賞として、最優秀映画俳優賞、最優秀番組俳優賞に変更された。

『ワンダーウーマン』にはその他、コニー・ニールセン、ロビン・ライト、ダニー・ヒューストン、エレナ・アナヤ、ルーシー・デイヴィス、サイード・タグマウイ、ユエン・ブレムナー、デヴィッド・シューリスらが出演する。ガドットは、ザック・スナイダーが監督を務めた映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』でDCエクステンデッド・ユニバースに初登場した。スナイダーは今作でプロデューサーを務める。

『ワンダーウーマン』は6月2日(現地時間)に米劇場公開。公開された映像は、以下から見ることができる。



Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy