ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

楽器を高く売るならこのショップ!買取ランキング5選まとめ

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

弾かなくなった楽器、どうしていますか。処分するにも費用がかかるし、かといって保管も大変。その結果、楽器は物置や押入れに追いやられているというケースが大半でしょう。そんな状況の方は楽器は買取してもらうことをおすすめします。楽器に限らず、商品を売るときの鉄則は店舗を比較検討することです。そこで今回は楽器買取にスポットを当て、ランキング形式で5つのお店を紹介しながら、楽器を高く売るコツや注意点をまとめました。

楽器が高く売れる買取店5選

null

楽器買取ネット

null

楽器買取ネットの口コミを見る

トップバッターは、楽器買取ネットです。実店舗を持たず、ネットでの買取に特化しています。楽器ならほぼなんでも対応していますよ。事前見積もりサービスも、ネットで気軽にできるので好評です。もっと早く査定金額を知りたい人には電話でも対応してくれます。また、査定も熟年スタッフが丁寧に行ってくれるので安心です。

買取強化やまとめ売りキャンペーンなど、お得な特典が多いので上手にタイミングよく売れば高価買取が期待できそう。運営会社が大阪なので、関西圏の出張買取に対応しています。宅配買取は全国対応で、梱包キット無料、送料無料、入金はスピーディーとサービス満点なのでリピーターが多いお店です。

サウンド風雅

null

サウンド風雅の口コミを見る

次はサックスを中心とした、木管楽器の専門店の「サウンド風雅」を紹介します。楽器を手放す理由は人それぞれあることでしょう。でもやむを得ず手放す、という場合もありますね。その時に、愛着のある楽器が次のオーナーに橋渡しをされる場所(ショップ)をこの目で確かめたい、という人にはピッタリの店です。買取はサックス、フルート、クラリネットや一部弦楽器も取り扱っています。さらにリペアにも対応しています。

東京の新大久保と大阪のなんばに実店舗があり、中古サックスの販売実績は日本トップクラスです。また、ショップには試奏室もありますよ。広さが十分にあり、レッスンや会合までできます。「お客様と一緒に作る楽器店」がコンセプトだとか。丁寧に査定してくれるのは間違いなさそう。申込みは、フォームに入力して送信するだけです。金額以上に売る人の心を満足させてくれる買取店といえるかもしれません。

アートアンドビーツ

null

アートアンドビーツの口コミを見る

3番目に登場する「アートアンドビーツ」は、楽器買取を中心に、パソコンやカメラなどの家電からファッション小物まで対応しています。特に楽器を輸出販売していることもあり、楽器の買取にはこだわりがあります。査定するスタッフは全員、元スタジオミュージシャンなどプロ集団なのだとか。

買取はシンプルに宅配買取が中心です。運営会社が滋賀県なので、近隣には出張買取に対応してくれます。無料宅配キットも送ってくれますし、送料も無料です。事前のメール問い合わせ歓迎、平日も24時まで営業しています。ただし、梱包キット到着後のキャンセルは梱包キットの送料は実費負担になるので注意を。

イシバシ楽器

null

イシバシ楽器の口コミを見る

楽器を査定に出そうかな、と考えた時にまず思い浮かぶショップのひとつが、このイシバシ楽器ではないでしょうか。石橋楽器店は老舗の有名店で、特に楽器を愛でるお父さん世代で知らない人はいないでしょう。専門店ならではの新品、中古を問わない充実した品ぞろえを誇り、買取にも定評があります。

店頭買取はもちろん、出張買取、宅配と選べます。事前査定もあるので金額に納得したら取引が成立するというのも安心材料。しかも梱包キットも無料なうえ、返送料まで無料。販路が広いので商品の回転率が高く、高価買取が実現できるのでしょう。口コミレビューなどでも高評価コメントが目立っています。

楽器買取王イケベバイキング

null出典:イケベ楽器

最後は「楽器買取王イケベバイキング」です。渋谷にある実店舗、池部楽器店は、知る人ぞ知るショップで、新品、中古の楽器の販売と買取を行っています。このお店の特徴は、なんといっても買取のお得なキャンペーンが充実していること。

また、事前の買取査定システムも好評です。買取相場を調べるにもピッタリ。各楽器の専門の査定士がプロの目で査定をするので、良いモノは高価買取と安心できます。買取は宅配と持ち込みに対応しています。楽器を送る時は自分で梱包することが必要ですが送料は無料サービスです。

楽器を高く売るコツ

null

楽器をキレイに磨く

楽器を高く売ろうと思うなら、真っ先にやるべきことはクリーニングです。特にギターやベース、管楽器は普段からの手入れで寿命が違ってきますので、日頃から使用後は楽器専用クロスなどで汚れを落としましょう。

まず、磨く前に、取り外せるパーツはすべて取り外します。そして各パーツごとに専用のクリーナーを使いましょう。具体的にいうと、金属部分はピカールなどを、指板は専用のオイルなど、ボディは傷がつきやすいので、専用のポリッシュを使い、クロスで磨きます。ピカピカに磨けばそれだけで査定は違ってくるはず。

付属品を忘れずに

保証書は期間が切れていても一緒に出してください。また、説明書、アンプなどの音響機材やソフトカバーなども査定時に出してくださいね。

キャンペーンなどを賢く利用

楽器も高く売れる時期があります。そのタイミングで買取業者は買取強化キャンペーンやまとめ売りで査定アップキャンペーンなどを告知してくると考えられるので、タイミングを見計らって査定に出してみましょう。

複数店舗で見積もりを取る

最低でも3件の複数店舗で買取金額の比較検討をしてください。また、査定金額に納得がいかない場合は断る勇気を持ちましょう。

注意点

null

楽器の改造はNG

楽器をオリジナルにカスタマイズしていませんか。元に戻せるならば、元に戻してから査定に出してください。基本的改造品の場合、買取不可になる可能性もあります。メーカー純正が高価買取の対象です。

タバコの煙に注意

楽器を保管する環境にも注意が必要です。特にタバコの煙は匂いばかりか、ヤニの汚れが染み付いてしまうことも考えられ、楽器にダメージを与えかねません。

まとめ

null

特にデジタル楽器は、新製品が出るとそれまで高価で取引されていたのに相場が下がってしまうことがあります。弾かない楽器は速やかに売りましょう。早く売るのも高価買取のポイントです。

また、専門店に売ったほうが公正な査定が期待できそうですが、家庭の不要品なども同時に出してまとめ売りをする方法もあります。その場合は買取品目が幅広い店舗を使えばOK。用途に応じて店舗を使い分け、賢くお得に利用しましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。