ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【ママ必見】ベビーベッドの買取相場と売れるメーカーまとめ

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

一定の期間を過ぎると使わなくなってしまうベビーベッド、処分するにはもったいない。そう考えている方はベビーベッドを売ってみませんか?中古のベビーベッドを買い求める人はたくさんいるため、高く売れることもあるんです。今回は、ベビーベッドの有名メーカーの買取相場、高く売るコツについてもまとめたので、お得に買取してもらう流れを確認してください。

ベビーベッドが売れるって本当?

null

購入した時はちょっといいものをと考えてしまうベビーベッド。いざ使う期間といえば、本当に短いもの。まだまだ綺麗なベビーベッドを処分することに気が引けてしまうという方は、買取をしてもらいませんか?メーカーやモデルの中には、高く売れるモデルもあるんです。今後の子どものことを考えて、売ったお金を貯めておくのも良いかもしれませんね。ベビーベッドの買取相場など買取にまつわる情報をお届けします。

高価買取が期待できるベビーベッドをご紹介

グレコ

グレコのベビーベッドはアメリカ製です。かつてのベビーベッドとは違った個性的なフォルムをしており、国内では最近上位を占めているほど人気は高め。折りたたみが可能でコンパクトな点も話題になっているポイント。パックンプレイオンザゴープレイヤード、デイ2ナイト スリープシステムが特に人気。
相場~39,000円

カトージ

日本発、ベビー用品メーカーのカトージ。オーソドックスなウッドタイプのベビーベッド展開が豊富で、信頼感の高いメーカーです。ベビーベッドはこういうタイプをと考えている方の間では特に選ばれやすい製品、ベビーベッドチャーミーは非常に人気。通販ショップでは多くがカトージが上位にランクインしており、買取してもらいやすいでしょう。
相場~13,000円

アップリカ

日本発、ベビー用品メーカーであるアップリカ。ベビー用品の展開が多く、ベビーベッドに限らずアップリカで製品を揃えているという方もいるはず。赤ちゃんが安定して寝られるような、信頼感のあるベビーベッドとして人気は高め。アップリカのベッドといえばココネル。ミニ布団がセットになっていたタイプをお持ちの方は、査定前に布団は必要かどうかお店へ問い合わせを。
相場~12,000円

大和屋

日本発、ベビー用品専門メーカー大和屋。ウッド素材で、オーソドックスなベビーベッド。そして国産のものをと考えている方に人気の王道のベビーベッドです。パタン折りたたみミニベビーベッド、アネシスベビーベッド、カウプンキベビーベッドと複数種類に分かれていずれも人気が高いところが、他のメーカーとは少し違ったところ。まずは査定に出してみましょう。
相場~19,000円

ファルスカ

北欧をイメージしてつくられた、日本メーカーのファルスカ。ベッドの種類自体はあまりないものの、ミニジョイントベッドが主なベビーベッドとして発売され、非常に人気。通気性に優れた構造から夏場は特に重宝されています。ベッドインベッドなど、別売りアイテムが充実しているこちらのメーカー。周辺アイテムも買取してもらえることがあるので、問い合わせてみましょう。
相場~17,000円

買取可能なベビーベッドと注意点とは?

null

ベビーベッドとして使えることが前提

売った後は、また次の赤ちゃんの元で活躍します。ベビーベッドとして使えることが買取の前提であり、破損しているものは安全面から、買取してもらいにくいと考えておきましょう。折りたたみ式はきちんと折りたためること、グラつかないかなども査定の基準に入ります。

ベビーベッドの取り扱い店であること

一見当たり前のようにも感じますが、ベビーベッドを取り扱っているお店であるか重要です。ベビー用品の取り扱い店であればベビーベッドも当然取り扱っているであろうと自己判断し、発送してから取り扱いしていないことに気付いた…なんてことはよくあること。事前にベビーベッドは買取可能であるかどうか、不明であれば問い合わせておきましょう。

ベビー用品の専門店を選ぶのがおすすめ

通常のリサイクルショップでは、ベビーベッドが中古品として店頭に並んでも売れる確率が低く、査定額がつきにくい傾向があります。高く売りたいと考えている方であれば、まずはベビー用品の専門店で査定をしてもらうことを検討してみましょう。宅配買取を利用すれば、近所に店舗が無くても売れるのでおすすめです。

高価買取してもらうコツとポイント

null

見積もり査定額を比較する

お店ごとに買取価格は異なります。人によってメーカー、モデル、使用状況や付属品の有無は異なるので、まずは見積もり査定額を聞き、比較してから売ることでベビーベッドは高く売ることが可能。複数店の価格を把握しておきましょう。

付属品の有無を再確認する

ベビーベッドを査定してもらう前に、何が付属されていたか思い出してみましょう。取扱い説明書、部品など付属品がある場合と無い場合とでは、中古品として店頭に並んだ際の売れ方に差が出ます。揃っている方がもちろん高く売れるので、査定前には再確認を。

まとめて複数のアイテムを売る

ベビーベッドを売る時は、インベッドやベビーカーなど、まとめて複数のアイテムを査定に出しましょう。少ない点数を買取してもらう人に比べると、まとめて複数のアイテムを買取してもらった人の方が、トータルで金額がが高くなることがよくあります。どの店でも、基本的にはたくさん売る人は優遇されています。

クーポンやキャンペーンも

期間限定で買取金額がアップしたり、クーポンが使えるなどお店ごとのサービスも見逃さないようチェックを。最近はLINEなどSNS登録でクーポンが配布されることもあります。また、見落としがちなラッキー情報としてメルマガを受け取ること。メルマガは、買取に関する情報がたくさん詰まっているので要確認を!

ベビーベッドは買取してもらいませんか?

null

最近はどの自治体も処分の規律が厳しくなってきました。ベビーベッドを処分するにも、処分する手間も費用もかかってしまいます。なかなか処分できないという方こそ、買取はおすすめ。少ない金額であっても、処分するよりかはお財布にプラスになりますし、他の赤ちゃんの役に立つことを考えると嬉しい取引ですよね。ぜひ大切にされてきたベビーベッドを、買取してもらってください。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。