体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

20周年記念「スガフェス!」第1部、お互いに影響し合うスガシカオと桜井和寿が「ファスナー」披露

20周年記念「スガフェス!」第1部、お互いに影響し合うスガシカオと桜井和寿が「ファスナー」披露

撮影:半田安政
今年2月にデビュー満20周年を迎えたスガ シカオが、周年イヤーを総括するイベント『SUGA SHIKAO 20th ANNIVERSARY「スガフェス!〜20年に一度のミラクルフェス〜」』を埼玉・さいたまスーパーアリーナにて開催。第1部に、怒髪天、THE BACK HORN、UNISON SQUARE GARDEN、ふなっしー、RADIO FISH、稲川淳二、Mr.Childrenが出演した。

「スガフェス!」、トップバッターはスガシカオと同世代のロックバンド、怒髪天が登場だ。ボーカルの増子直純とスガは1966年の丙午年生まれのアーティストが集結するイベント「ROOTS 66-Naughty 50-」で共演している間柄である。同じ年ながらキャリアの長い増子を、スガはリスペクトを込めて“さん付け”で呼ぶ。自らのサウンドをJAPANESE R&E(リズム&演歌)と称する怒髪天と、スガとはジャンル的に遠そうな気もするが、そこはお互い“ぶっ飛んだファンク魂”でつながっているのかもしれない。1曲目は、時代とシンクロ感の強い「セイノワ」によって8ビートで駆け抜けていく。「今日は長いぞ! ちゃんと準備運動しろよ!」と、増子が叫ぶ。楽しげな雰囲気そのままに、大人賛歌なパーティー・チューン「オトナノススメ」へなだれ込む。「はいこんにちは! 怒髪天です。すごいねぇ、まだ1時だよ。普通ね、今ぐらいに起きるでしょ(苦笑)。スガ君、デビュー20周年おめでとうございます!(「スガフェス!」の)出演アーティストの名前が発表されていくうちに、だんだん俺ら顔が青ざめていきましたから。ヒット曲が無いの俺らと稲川淳二さんだけだぞ(笑)」。

中盤、武道館公演を控えた先輩バンドThe ピーズの応援にと、まさかのカバー曲「グライダー」を挟み、5月24日発売の怒髪天らしさ満載な新曲ビールソング「赤ら月」、勢い止まらぬままにロックアンセム「酒燃料爆進曲」をシャウト。ラストは、名曲「夜空ノムコウ」を、怒髪天メンバー全員が赤いハッピを着てカラオケ・スタイルで歌唱。途中、ホンモノのスガシカオがステージに登場してズッコケるメンバー、ドリフかっ(苦笑)。「ただいま、さいたまスーパーアリーナにて、スガシカオとカラオケしています!」と、増子。オープニングからまさかのユーモラスな展開ながら、熱い友情を垣間見れた瞬間だった。

ここ数年は「スガ シカオ with 菅波栄純(THE BACK HORN)」名義で数々の夏フェスに出演してきたから、きっとファンにもお馴染みな名前のはず。この日2組目の登場はTHE BACK HORN。情熱をまっすぐに燃やすナンバーを歌い続けてきたロックバンドだ。来年に結成20周年を迎える彼らは、スガ シカオの現在のレーベルメイトでもある。山田将司(Vo)、菅波栄純(Gt)、岡峰光舟(Ba)、松田晋二(Dr)の4人がステージに登場。まずは「罠」から「刃」へと全力のパフォーマンスでお客さんを熱くすると、続いては宇多田ヒカルと共同プロデュースした新曲「あなたが待ってる」を披露。

さらには「あの方を招いて一緒にやりたいと思います」と山田が告げ、スガ シカオを呼び込む。エレキギターに革ジャンのロック・ミュージシャンな出で立ちのスガが中央に陣取り、5人でスケールの大きなバラードの「With You」を歌い上げた。「自分はスガさんに育てられました」(菅波栄純)

「一緒にやるようになって、バンドに還元するものが増えたよね」(山田将司)こんな風に彼らは語っていた。スガも「栄純とはいつも夏に会ってるから汗臭いよね?」なんて言って笑っていた。ラスト「コバルトブルー」まで全5曲。いわば「夏フェスの盟友」である彼らならではの、熱いパフォーマンスを見せてくれた。

共通の知り合いを通じてスガと知りあったという3ピース・ロック・バンドUNISON SQUARE GARDEN。今年のビバラ2日目 Star Stageにて初の大トリをやり遂げた彼らの真骨頂といえば「桜のあと(all quartets lead to the?)」「オリオンをなぞる」「オトノバ中間試験」などで聴ける、テクニカルなアンサンブルだ。さらに、注目すべきは「天国と地獄」での畳み掛けるアグレッシヴなプレイだろう。本作はシングル曲では無いが、ある種、今回のようなアウェー環境でも、演奏力がなせるスキルの高さで、初見も多かろうオーディエンスの心を鷲掴みしていた。

「普段は、UNISON SQUARE GARDENのステージでゲストを迎えることはないんですけど、今日は4人でやります。」と、斎藤宏介(Vo&G)がスガを呼び入れた。「UNISON SQUARE GARDENは、演奏能力が高すぎるんです。リハを見るまで生演奏してるとは思ってなかった(苦笑)」とスガが笑い。斎藤は「ユニゾンの曲をやると頼んでから、週に1回は(スガから)ネガティヴなメールが来て(苦笑)。」と笑い返す。「では、「“スガー”ソングと“シカー”ステップ」を!」と、タイトルを即興的に改変!?しながら4人ヴァージョンで、アリーナ全体が揺れるキラーチューンを奏でた。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会