体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

青好き検索第1位の僕が「青」を仕事にするまで【TABIZINE BLUE WEEK】

青好き検索第1位の僕が「青」を仕事にするまで【TABIZINE BLUE WEEK】
こんにちは。青好きの青峰です。
呼吸をするように
生まれた時から青ばかりを追いかけてきました。

持ち物も青いものばかりなのですが

「好きだから選ぶ」というよりは
「自然に揃っている」という状態で

選んでいる意識はなくて

自分が好きなもの
興味のある事柄

つきつめていくとすべて「青」に共通項があり
「青」が僕の人生そのものになっています。

青好き検索第1位の僕が「青」を仕事にするまで【TABIZINE BLUE WEEK】
時間があれば綺麗な青い風景をネットで見ていたり、新しい青いモノが出ていないかを探していたり、青関係のニュースを見ていたりと、とにかく「青」を追い求めていて

そうしたら青好きとして活動して行ったら
どんな世界が広がるのだろうという興味から

青好きライフをネットで発信しはじめたら、青い財布の話がYahooに掲載されたり、青好きの記事が検索1位になり、ANAさんから記事の執筆が来るようになったり、青いシンガポールスタンプ作成のモデル依頼がきたりと、青に関する依頼が来るようになりました。

なぜ青好きなのか?

お会いした方によく聞かれますが
お話しだすとエンドレスになってしまう危険な(?)質問なので
この記事では

青好きを仕事にしようと思った時の事
好きを仕事にする為に必要な事

をお伝えしようと思います。

誰にも負けない好きなモノが「青」だった

青好き検索第1位の僕が「青」を仕事にするまで【TABIZINE BLUE WEEK】
海外で起業をして自分が仕事を創る立場になった時に
何を仕事にしようと考えました。

元々システムエンジニアでしたので
ITやWebに関する事を仕事にしようと思っていましたが

そういうモノは他に得意な人が沢山いましたし
せっかくやるのであれば1番になれる事をやりたいと考えました。

1番になる為に必要なことは「何も言われなくてもずっと出来る」という事

穴を延々と掘り続けられる人よりも穴を掘れる人はいないのと同じで
延々と続けられる状態になっている人には「その分野では」勝てません。

そして、それこそが自分が本当に好きな事であり
それが仕事に出来たら「No1」になれる仕事に変わると思い

「青」という事を発信し始めました。

ただ、この時は「青を仕事にしよう」と考えていましたが
具体的にその方向性があった訳ではありませんでした。

「青好き」の配信を続ける

青好き検索第1位の僕が「青」を仕事にするまで【TABIZINE BLUE WEEK】
自分にとっては人生=青色というくらい青が自然なので

自分の持ち物を青で揃えているのも自然
意識しなくても青色に視線がいってしまうのも自然

だったので、日々の生活を切り取ると「青色」になる
その生活を発信し続けました。

発信し始めてから周りの人には「青はビジネスにならない」と言われ続けて、それでも出来る事を目的に配信を続けました。

その期間は3年。
この頃には「青色を見たら青峰さんの顔が出てくる」と言われる様になり
それがキッカケで仕事を貰ったりする機会も増えました。

とことん好きを続けることで
周りの人が認識をしてくれるようになったからです。

好きを仕事にするために必要な事

青好き検索第1位の僕が「青」を仕事にするまで【TABIZINE BLUE WEEK】
その人にとっての本當の好き(本質)
僕は「その人の青」と呼んでいますが

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。