ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

AR/VR技術を使ったオンラインショッピング・プラットフォーム「MindStores」がECを変える?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
MindStores1

物作りをしている人はeBayやEtsyといったオンラインショッピングに出品をして収入を得ている人も多いはずだ。物理的なお店を構える必要もないため出店リスクが少なく効率も良い。

しかし世間では実際にお店で買うという体験そのものを好む消費者が多いのも事実だ。そこでインドネシアのAR/VR技術を使ったオンラインショップのプラットフォーム「MindStores」はその状況を変えてくれるかもしれない。

・AR技術を使ったオンラインショッピングサイトが登場

今回このプラットフォームを初めて導入することになったのが、インドネシアの大手小売チェーンの「Alfamart」だ。物を売りたい人たちは「Alfamind」というAR技術を使った独自のショッピングサイト上で簡単に商品を出品することができる。

MindStores2

出店者がAlfamindの登録を済ますと会員カードが手元に届く。手持ちのスマホのカメラをかざして出店のアクティベーションを行い、あとは商品情報を登録していくだけで自分のARオンラインショップを開くことができるのだ。

Alfamartの持つ流通網も利用できるため、個人の参入障壁もかなり下げられるだろう。

・ユーザーのリアルな「ショッピング体験」を提供?

一方、消費者は手持ちのモバイルデバイスを宙に掲げることで、360°自分の身体の向きに合わせて画面内の視点を変えられる。まるで実際のお店の中にいるような「ショッピング体験」をリアルに構築するプラットフォームとしては画期的な試みである。

MindStores3

現在Mindstoresはさらなるパートナーを求めてグローバル展開を進めている。VR/AR技術が一般の人たちにも普及していけば、今後このような現実と仮想を繋ぐ新たなショッピング様式が確立されていくこともそう遠くはないのかもしれない。

Springwise

Mindstores

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。