体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

早産・流産リスクもある「バセドウ病」 妊娠前後の注意点を解説

早産・流産リスクもある「バセドウ病」 妊娠前後の注意点を解説
女性に多いとされるバセドウ病 。甲状腺ホルモンの異常によるものですが、妊娠に非常に大きな影響を与えることをご存知でしたでしょうか?

バセドウ病で妊娠を望む場合の、リスクや治療内容について詳しく解説いたします。

バセドウ病とは

早産・流産リスクもある「バセドウ病」 妊娠前後の注意点を解説
バセドウ病とは、簡単にいえば甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気です。甲状腺は喉のやや下部分、気管の目の前あたりにあり、体の代謝を正常に保つために非常に重要な役割を持っています。

しかし、ホルモンが必要以上に作られてしまうと、代謝が異常になり、少し動いただけで全身から汗が噴き出てきたり、ちゃんと食事をしているはずなのに異常に体重が減ってしまったりします。

生理不順やそもそも生理が来なくなったという症状も多いです。

20代・30代の女性に特に多く見られ、男性と比較すると4〜5倍の罹患率となります。実はそれほど珍しくはない病気なのです。

しかしバセドウ病は妊娠に非常に大きな影響を与えるため、しっかりと治療しなければなりません。

バセドウ病の原因

早産・流産リスクもある「バセドウ病」 妊娠前後の注意点を解説
バセドウ病の原因は、免疫システムの異常です。本来免疫というのは外部から侵入してきた細菌やウイルスを攻撃し、体を守るために働いてくれています。

ところが、まれに何らかの理由で自分自身の体を攻撃してしまう抗体が作り出されてしまうことがあり、その抗体が甲状腺を刺激し続けてしまうのがバセドウ病の原因となります。

なぜそのような抗体が作られてしまうのかは、いまだに原因が明らかにされていません。

そのため、完治に至るともかぎりません。しかし投薬治療などでホルモンの分泌を抑え、全く問題なく日常生活を送ることはできます。

バセドウ病で妊娠は可能?

早産・流産リスクもある「バセドウ病」 妊娠前後の注意点を解説
もしバセドウ病を発症していた場合、治療せずに妊娠してしまうと流産や早産などリスクが高まってしまいます。

妊娠時は女性ホルモンの分泌が非常に重要ですから、ホルモンバランスが崩れた状態で妊娠するのは危険が伴うのです。

しかしバセドウ病になってしまうと、もう妊娠は全くできなくなるのかというとそうではありません。投薬治療を行うことで症状が安定し、問題なく日常生活を送っているという人は多いです。

それと同じように、妊娠する場合でも投薬治療によって症状を安定させることができれば、他の母子さんと同じように子どもを産むことができるのです。

実際にバセドウを患っていたけど、元気な子どもを産んだ患者さんもたくさんいます。

ちなみに妊娠中は比較的症状が落ち着いていますが、出産後にまた症状が悪化してしまうことがあります。それも薬を服用することでまた次第に落ち着いてくるので、焦らず医師の指示に従ってください。

妊娠準備のためにバセドウ病で服用する薬

早産・流産リスクもある「バセドウ病」 妊娠前後の注意点を解説
ではその妊娠の準備のために、いったいどんな薬を飲んでいくことになるのでしょうか。バセドウ病の治療に使われる薬は2種類、チアマゾールとプロピルチオウラシルの2種類です。

チアマゾール

バセドウ病の最も代表的な薬で、甲状腺ホルモンを抑える効果があります。非常に素早く効き目現れ、副作用の心配も非常に少ないため、バセドウ病と診断されたらまず第1に処方される薬です。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。