ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ネズミ捕りやオービスの速度違反は逃げ切れる?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ネズミ捕りやオービスの速度違反は逃げ切れる?

速度違反取り締まりといえば「ネズミ捕り」や「オービス」がよく知られています。ふと気になるのは、ネズミ捕りやオービスから逃げきられるかどうかということ。しかし、ネズミ捕りでは追跡用の白バイやパトカーが用意されていますし、オービスは写真を元に違反者を特定して逮捕することもあるのです。

速度違反を追いかける白バイが待機

有人式の速度違反取り締まりであるネズミ捕りの現場は、速度を測定する計測係、違反車両を止める停止係、違反者に署名させるサイン会場に分かれています。ここで停止係の制止を振り切って逃げるクルマがいることが十分に予想可能です。

そこで、ネズミ捕りの停止係は速度違反車を追いかけて捕まえるために、白バイやパトカーを周囲に待機させているのが通常。もちろん、逃走すれば赤色灯を回した白バイやパトカーに追われることになります。

一方、同じ速度違反でも、オービスの場合は無人式です。その場でお咎めがあるわけではありません。このため後日、ナンバーから判明したクルマの持ち主へ、呼び出しの通知が届くことになります。

速度違反の写真を元に特定して逮捕

オービスで撮影された写真には、速度違反車とされるクルマの全体がやや斜めから写っています。写真はモノクロですが、ナンバープレートもフロントガラスの内側もきれいに収められているのです。

また、クルマ全体の写真の他に、ナンバープレートや運転者の顔部分を拡大したアップ写真が添えられる場合も…。加えて、そこには年月日、写真番号、制限速度、測定値などのデータが焼き付けられているのです。

データは後から手動で入れるものではありません。データが表示された状態で撮影するもの。このため、オービスは信頼できると裁判官は考えます。本人が否定したとしても、写真を元に違反者を特定し、逮捕することもあるのです。多くの場合、郵便や電話が何度もあって、違反者は出頭することになります。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。