ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

北の住まい設計社 名古屋で小さな蚤の市「Liten Loppis」今年も開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Liten-Loppis_2017_01

両日合わせて8店舗が出店

2017年5月13日(土)・14日(日)の2日間、愛知県長久手市の「北の住まい設計社 名古屋」にて、「Liten Loppis(リーテン・ロッピス)」が開催されます。

「小さな蚤の市」という意味の本イベント。2年前から始まりました。屋根を張った駐車場や庭を会場に、毎年光と風の心地よいこの季節に開催されています。

「北の住まい設計社」からは、リネンなどの布や、家具を作る過程で出たターンショー社のタンニン鞣しの革のハギレ、無垢材の積み木の詰め放題のほか、cafe&bakeryで販売しているハンドメイドクッキーも出品します。

そのほか、古道具やグリーン、小物、ワイン、ごま油、お菓子など、こだわりの商品を販売する7つのショップが出店。造園業を手掛ける「K’sgarden」では、ワークショップも開催する予定です。

作り手や商品とじっくり向き合える蚤の市です。小ぢんまりとして居心地のよい空間で、のんびりとした休日をお過ごしください。

Liten-Loppis_2017_02 左:多治見に店を構える古道具屋「三角屋」。店主さんが全国あちらこちらから探してきた昔の素敵なもの、面白いもの、不思議なものがいろいろと並びます。

右:北の住まい設計社へ季節ごと素敵なお花を届けてくれる庭店「K’sgarden」では、お花の苗や、お庭の道具などを扱うほか、ワークショップも開催します。

Liten-Loppis_2017_03 左:ヨーロッパ各国で、ぶどう栽培から瓶詰めまで一貫して行う「顔の見える生産者」のオーガニックワインだけを自社輸入し、販売する日本初のオーガニックワイン専門店「マヴィ」のワインも並びます。試飲もお楽しみいただけます。

右:昭和9年に創業した京都の胡麻屋「山田製油」からは、ごまやごま油はもちろん、ちょっと変わったごま製品も。

Liten-Loppis_2017_04 カヌレ屋「saco」のカヌレは、ほかのお店のものに比べるとやや大ぶり。外側はカリッと香ばしく、中は柔らかくもっちりとしていて大人のおやつにぴったりです。

Liten-Loppis_2017_05 岐阜の小さな一軒家のティールーム「ここいろ」では、焼き菓子や茶葉のほか、ティータイムを楽しむアイテムなどを出品。

Liten-Loppis_2017_06 14日のみ出店する「mrs.kitchen」では、本山にある小さなお店でカフェを営みながら、店主さんが少しづつ集めたり作ったりした丁寧で可愛らしい小物などが並びます。

Liten Loppis(リーテン・ロッピス)

会期:2017年5月13日(土)・14日(日) 10:30~16:00頃

会場:北の住まい設計社 名古屋

詳細:http://www.kitanosumaisekkeisha.com/shopblog/nagoya/from-nagoya/4233/

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

北の住まい設計社 名古屋で小さな蚤の市「Liten Loppis」今年も開催
日本未発売モデルも! 北欧オーディオ「vifa」のポップアップショップ登場
鈴木マサルコラボの動物園! ファミリアから 67種類の限定バッグが登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。