体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Nullie ヌリー<リトルハウス>』立体パズル×ぬり絵×おままごとが楽しめる大きな紙の家!子どもの能力を引き出す本格知育玩具で遊ばせてみた

自分で組み立て、自由に色が塗れる夢のような紙の家『Nullie ヌリー<リトルハウス>』。立体パズル・ぬり絵・おままごとにも活用できる画期的な知育玩具で遊んだ子どもたちの反応とは!?

現役ママ考案!時間がないからこそ、親子で質の高い遊びを

アドフェリック(東京都中央区)が発売する『Nullie ヌリー<リトルハウス>』(税抜8,800円・2017年3月発売)は、3歳から遊べる紙(段ボール)のおうち。大きな立体パズルのように組み立て、できあがった家には色えんぴつやペン、絵の具などで色を塗ることができる。

「Nullie」を開発したのは、3歳の男の子を育てるシングルマザー。子どもとふれあう時間が限られている中で“親子で過ごす時間の質を高めたい”という思いから、一緒に遊びながら知育玩具の役割も果たす「Nullie」を思い付いたのだとか。

 

サイズ感やパズルの難易度、紙の質などにもこだわり抜いて完成した「Nullie」は、親子でコミュニケーションを取りながら遊べて、子供の創造性や思考能力が向上するという。これは楽しそう! 子どもはもちろん、親である記者も組み立て前からワクワク……。

紙なのにガッチリしっかり!組み立ては子どものほうが得意!?

今回おためしする『Nullie<リトルハウス>』は、長方形の箱に入って届く。この状態であれば大人ならラクラク持ち運ぶことができるが、組み立て後のサイズははW81.3cm×D63.7cm×H94.8cmと、子どもが入るには十分だ。

箱を開けると、おうちのパーツとなる段ボールがお出まし。すべて白地で、窓や人形などのイラストが描かれている。厚みは1.5mm程度ととても薄いが、固くしっかりとしている。ちなみに「Nullie」には高品質のリサイクルペーパーや大豆インクを使用し、環境面や安全性への配慮もバッチリだ。

それでは組み立て開始。説明書は1枚のみ。文章による詳しい説明がないため、向きをグルグルと回してみたり、絵を説明書と比較したりと、まさにパズル感覚で組み立てていく。

大人は説明書を見ながら頭で考えがちだが、子どもは感覚でスイスイ組み立てていくから不思議。「ママ向きが違う」などと7歳の長男に冷静に突っ込まれながら作業を続行。この時、4歳の次男は「あれじゃない?これじゃない?」と言いながらニコニコ笑顔。即戦力とはいかないものの、本人なりに楽しんでいる様子だ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会