体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

過労やストレスで咳が止まらない!?「大人喘息」の原因と予防対策

過労やストレスで咳が止まらない!?「大人喘息」の原因と予防対策
喘息というと子どもの病気、というイメージが強いような気がしますが、実は成人後に発症する「大人喘息」もあるようです。

大人喘息は、小児喘息とどんな違いがあるのでしょうか?また、発症しやすいタイプや傾向は?

今回は、大人喘息について、原因から治療・予防法まで、詳しく医師に解説していただきました。

大人喘息(ぜんそく)とは

過労やストレスで咳が止まらない!?「大人喘息」の原因と予防対策
気管支喘息は、アレルギー体質など気道が過敏になる体質がある方に起こる病気で、発作的に咳が出る・呼吸するとヒューヒュー音がする・息が苦しくなるといった症状が起こります。

風邪を引いたなどの体調の変化から発作を起こし、人工呼吸器をつけても十分に酸素を吸い込めず、窒息死する人もいます。

日本でも年間2000人程度が喘息のため死亡しています。患者の6割は大人で、小児期の喘息が治っていないのではなく、ほとんどは大人になってから発症しています。

子供のうち小児喘息を持っているのは4%、20代だと3%、40代だと2%程度です。成人後に喘息になった場合を、分かりやすく「大人喘息」「成人喘息」と呼ぶことがあります。

喘息の原因

過労やストレスで咳が止まらない!?「大人喘息」の原因と予防対策
喘息では気道が過敏になり、気道に炎症が起こります。気管支の壁で起こった炎症によって、気管支の壁を締め付けている筋肉が分厚くなり、硬い殻で包まれたようになってしまいます。

また、大人喘息・成人喘息では、血液や皮膚でのアレルギー検査で特定の原因が発見できず、過労やストレスなどが原因と考えられる場合が多いとされています。

こんにゃくやホヤを扱う職業の人に喘息が多いとも言われており、細かい粉塵が舞い飛ぶことが理由と考えられています。

発作を起こしやすくするもの

・ハウスダスト

・ダニ、カビ

・動物の毛

・特定の食品

・タバコ

・気温の変化

・香水などのにおい

・過労、風邪

・黄砂やPM2.5

・運動

・消炎鎮痛薬の内服

喘息の症状

過労やストレスで咳が止まらない!?「大人喘息」の原因と予防対策
息苦しく、胸が重い感じになり、特に深夜から早朝にかけて息をするとヒューヒューという音がし、普段からせき込みやすくなります。体を横にしているよりも起こしていたほうが楽という特徴があります。

喘息の治療法

過労やストレスで咳が止まらない!?「大人喘息」の原因と予防対策

検査

■ 血液検査

や皮膚にアレルゲンを垂らして行う検査で、原因物質が判明する場合があります。

■ スパイロメトリー(肺機能検査)

口にマウスピースをくわえ、技師の合図とともに息を精一杯吸い込んでから勢いよく吐き出し、その気流の速度や肺活量を計測する検査です。

■ レントゲンやCT

肺の状態を確認し、息苦しさや咳の原因となる他の病気を除外します。

■ 心電図

心臓の病気でも息苦しさが出るため、心電図で検査することもあります。

治療法

アレルゲンが分かった場合、それを避ける努力をします。ダニやハウスダストであれば、こまめに掃除したり、カーペットやぬいぐるみを撤去したり、布団やシーツをほこりの出にくいものに変えたりします。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。