ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Google、「壁紙」アプリに3つの新カテゴリを追加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Gogole が Android 向けに提供している純正の「壁紙」アプリにいくつかの新しいカテゴリが追加されていることが判明しました。3 月 21 日に公開された v1.0.1 と現行最新の v1.1.1 を比較すると、最新の v1.1.1 には、「スカイハイ」「ライブアース」「ライブデータ」が新規に追加されています。他のカテゴリは v1.0.1 からそのまま残っています。「ライブアース」は Google Earth の立体風景を都市別の壁紙にしたものです。「ライブデータ」は宇宙空間の惑星や様々な「影」の描き方を抽象化した画像です。どちらもライブ壁紙となっており、時間の経過に合わせて刻々と表示内容が変化します。また、「スカイハイ」は静止画の壁紙ですが、鳥瞰図のようなアングルで自然を眺めている様子を壁紙にしています。壁紙」(Google Play)

■関連記事
ASUS ZenFone 4 Max ZC554KLの噂が浮上
Galaxy S8の虹彩認証機能の使い方
Qualcomm、公式サイトに新型Snapdragon? 「SDM660」「SDM630」「SDM845」の情報を掲載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。