体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

篠田麻里子も興味津々!自動運転以外の運転技術の進歩

篠田麻里子も興味津々!自動運転以外の運転技術の進歩
J-WAVEで5月5日(金・祝)にオンエアされた特別番組「J-WAVE SPECIAL JAPAN SMART DRIVER DRIVE IN THE GROOVE」(ナビゲーター:小宮山雄飛・篠田麻里子)。

こどもの日でもある5月5日は、「5(ゴー)5(ゴー)」ということで、「たのしくドライブする日」でもあります。というわけでこの番組では、新しい道を切り開くドライバー(開拓者)をゲストに迎え、さまざまなお話を伺いました。

番組には、ゲストとして小山薫堂さん、為末大さん、さかいゆうさんなど豪華面々が続々登場。中でも開発ユニット「AR三兄弟」の川田十夢さんは未来のドライブに関する話を披露してくれました。

未来の運転といえば、気になるのが自動運転。自動車メーカーの技術部門にも関わっているという川田さんいわく、自動運転が採用される未来も近いとのこと! 指定された枠の中を走る技術や、車間を一定に保つ技術が進化した今、法律が整えば日本でも自動運転が採用される可能性は十分にあるそうです。

また、今や道路標識を認識して車が勝手に標識通りに運転してくれる機能も開発されており、行き先を伝えれば、車が自動で目的地まで連れて行ってくれる完全自動運転のサービスが普及することも夢ではないとのこと。川田さんはむしろ今、その時間を使った「新しいドライブの楽しみ方」を考えているそうで、たとえば「目的地までの時間を計算して、人工知能がその尺ぴったりの落語を披露してくれる」というサービスを実現させようとしているそとか。

川田:どんどん楽しいドライブになっていくでしょうね。ドライブアウトシアターみたいなね。
篠田:ドライブアウトシアターというのは?
川田:今までは車の中から映画を見る「ドライブインシアター」というのがあったのですが、その逆パターンで、未来は物語の中を走っているようなドライブアウトシアターができると思います。
篠田:おおー! 楽しみですね!
川田:目的地に着くまでの時間が楽しみになるようにしたいですね。

そしてこの話を聞いて、自身も運転をする篠田から次のような質問が。

篠田:ということは、今後は免許もいらなくなるんですか?
川田:オートマ免許みたいな感じで、自動運転のギアが入るかもしれませんね。

ということで進化する運転技術ですが、東京オリンピックが開催される2020年までには、かなり具体的に進化するのでは? ということでこれからのドライブが楽しみになるオンエアでした。

【番組情報】
番組名:特別番組「J-WAVE SPECIAL JAPAN SMART DRIVER DRIVE IN THE GROOVE」
放送日時:5月5日(金・祝)18時−19時55分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/holiday/20170505_sp/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会