体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫の館MEの重役スタッフとスタイリッシュな迷子札

「猫の館ME」は昨年末、「猫を売らない猫の店」としてリニューアルオープン。ストアの売り場面積がこれまでの4倍に増えたことから、取り扱うフードや猫用品の種類がぐーんと増えました。

つい先日の桜の季節には、フード、猫用品、雑貨の区別なしにピンクの物やパッケージだけを集めた「ピンクフェア」を開催。ストア中央の島が、店舗の前の桜の木と合わせて、桜色に染まりました。こんなディスプレイが出来るのも、取扱商品が広がったからですね。お客さまが「うわぁ!」と笑顔になると、私たちも嬉しくなります。

ピンクフェアを行なった島では、今は猫モチーフのかわいい雑貨が飾られています。こんな風に、期間を区切って常連のお客さまにも常に喜んでいただけるような工夫をしています。

実に幅広い取り扱い商品の中でも、猫さんと暮らす人の気持ちに寄り添った、猫の館MEならではのオーダーメイド商品があります。

それがこちらの「マカロン迷子札」です。パステル色のマカロンのような色合いに、猫さんの名前が刷られていて、裏面にはヒト家族の名字と日本語表記の猫さんの名前、そして連絡先電話番号が入れられます。デザインが可愛らしいだけでなく、とても軽いので、猫さんが負担なく身につけられます。
そんなステキな迷子札を、今回は猫の館MEの重役スタッフたちも合わせてご紹介します。

先ず、ピンクのマカロンを選んだのは、美人秘書の黒猫・しずかさんです。黒猫には赤いリボンという印象が強いですね。そんな印象を素直に取り入れて、おしゃれ首輪と合うピンクを選びました。

マカロンの色は6色あって、猫さんの毛色やつけている首輪の色とコーディネートすることができます。こちら営業部長のミィーちゃんは、付けているおしゃれ首輪の柄の差し色のひとつ、白でキメてみました。サビ猫さんの黒・赤茶・薄茶の系統の黄色も考えましたが、敢えて白をチョイスです。

「何にもしま専務」のクローちゃんは、女のコなのに5.8kgとナイスボディーで、お顔もお髭も体も全てが立派なので、シュシュタイプのおしゃれ首輪がとてもよく似合います。キジトラのグレーの部分と馴染む、薄紫色のマカロンをつけています。

初代店長だった、終身名誉店長のサンちゃんは、光の当たり方によって、瞳がグリーンに輝きます。その瞳の色に合わせて、グリーンのマカロンを選びました。

1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。