ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

「陸と空」どっちもいけるクルマは、1億5,000万円!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「陸と空」どっちもいけるクルマは、1億5,000万円!?

「いっそ空を飛んで、この渋滞を抜け出せたらいいのに…」。そんな空想が、いよいよ現実のものとなりそうです。

モナコで開催されたカーショー「Top Marques Monaco(トップ・マルケス・モナコ)」でお披露目された、スロバキアに拠点を置くAeroMobil社の「Flying Car」。そのまんま「空飛ぶ車」。

10年以上に渡り開発が進められていて、ついに実用化が見えてきたというのです。

飛行も走行もできる
夢の「空飛ぶ車」

2020年までの納車を目指している、二人乗りのこの車。

現在さまざまな企業が、それぞれの「空飛ぶ車」の開発を進めていますが、走行はできない「車型の飛行機」もちらほら。

しかしAeroMobil社が開発が手がけているのは、正真正銘の「空飛ぶ車」。他の自動車と同様に、道路を走ることも前提としています。「陸と空」どっちもいけるクルマは、1億5,000万円!?「陸と空」どっちもいけるクルマは、1億5,000万円!?

車体は全長6m弱、全幅は2mを軽く超えます。一般的な自動車に比べるとかなりの巨体。さらに、飛行モードで翼を広げると、全幅は9m近くにも!「陸と空」どっちもいけるクルマは、1億5,000万円!?

たった3分で
飛行モードになる

「陸と空」どっちもいけるクルマは、1億5,000万円!? 車体が飛行モードに移行するまでに必要な時間は、たったの3分。車モード時の最高速度は時速160kmで、最大700kmの距離を走ることができます。「陸と空」どっちもいけるクルマは、1億5,000万円!? こちらはコックピット。やっぱり空飛ぶ車だけあって、車の操縦席に近い印象ですね。「陸と空」どっちもいけるクルマは、1億5,000万円!?

飛行モードのときは750kmの距離を飛行可能で、空中での最高速度は時速360km。

滑走路を使用する必要があるため、パイロットライセンスが必須です。現在はヨーロッパでのみ運転することが認可されていますが、AeroMobil社はアメリカでのリリースに向けても動いています。その後は、中国への導入も検討する予定だとか。

初期の受付は完了、
一般発売はいつごろ?

「陸と空」どっちもいけるクルマは、1億5,000万円!?

この車、すでに初期生産500台の予約受付は終了しているという盛況ぶり。価格は120万ユーロ(約1億4,000万円)〜150万ユーロ(約1億7,500万円)になる見込み。

空陸両用の車に乗れる日も、それほど遠くないのかも。Licensed material used with permission by AeroMobil

関連記事リンク(外部サイト)

あなたは、「空を飛ぶ夢」をみたことがありますか?
19世紀の人々が思い描いていた未来予想図「2000年の世界」
空飛ぶタクシー「運用まであと8年」は、かなり現実的かも。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。