ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

itなニュースポット「GINZA SIX」の見どころを解析

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ラグジュアリーな空間と、それぞれのショップが試みるここにしかない仕掛け。心ゆくまで“銀座”を体感できるニュースポット「GINZA SIX(ギンザ シックス)」のshe magazine的見どころを紹介します!

4月20日に開業した銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」。銀座のシンボルとも言える中央通りに面したエリアには、ディオール、サンローラン、セリーヌ、ヴァレンティノ、フェンディ、ヴァン クリーフ&アーペルの6つのラグジュアリーブランドが旗艦店を構えます。

POPでアーティーなオープニング展示がお出迎え
 

入店した人々をまず迎えるのは、中央吹き抜けに装飾された草間彌生作品。
おなじみのドットかぼちゃバルーンが、まるでPOPなシャンデリアのように飾られた空間は、フォトスポットになること間違いなし!
このオープニング展示は、2018年の2月25日まで楽しめるそう。

オープニング展示に連動して、草間彌生POP UP STOREも絶賛開催中!
他にも館内には限定の展示やコラボレーション企画など、あらゆるアートスポットが点在しているので、要check。

大充実のB1Fビューティーフロア!

she magazineのニュースでもピックアップを欠かせない、itなコスメアイテムたち。広々としたビューティーフロアには、人気のコスメブランド34店が集結し、最先端のビューティーニュースが一気にキャッチできる空間に。
 

イヴ・サンローラン・ボーテは、国内最大級のフラッグシップブティックをオープン。アイテムのラインナップもさることながら、よりパーソナルな空間として、レコーディングスタジオをコンセプトにした、世界初のVIP会員向けのプライベートルームを併設。今までにはなかった、個人にズームしたサービスが受けられるのです。また、GINZA SIX限定のアイテムや眉分析と書き方のアドバイスが受けられる店舗限定クイックサービスも。

シャネルでは、世界初のリップの自動販売機“LIP GATE”を設置! スタイリッシュな見た目だけでなく、その性能にも驚き! お目当てのリップをタッチするだけで、紙袋に入れるまでを全自動でやってくれます。これまでになかったスムーズかつキャッチーなお買い物が実現! 店舗限定アイテムには、ラブコールの多かったフレグランスのミニボトルも勢揃い!
 

ジョンマスターオーガニックセレクトも幅広いラインナップでOPEN! 原点であるNYサロンをオマージュし現代的に再解釈した店内には、新たにコンシェルジュ・コーナーも設置。アイテムの相談や頭皮診断など、一人一人に寄り添ったアドバイスを受けることができます。数量限定のオープン記念ボックスやGINZA SIX限定コレクションもお見逃しなく。

店数はエリア最大を誇る、241ブランド
 

ラグジュアリーブランドから個性派セレクトショップ、アウトドアブランドに至るまで、幅広いテイストのショップが参入! 241ブランドのうち、半数以上が旗艦店となり、どこよりも豊富なラインナップでスタンバイ。

また、人気の81ブランドが、これを機に銀座に初出店を果たした。どのフロアにおいても、最新のファッショントレンドは銀座から発信されるといっても過言ではないほどの顔ぶれ。
 

店舗横にアトリエが併設されているショップも。買い物の傍ら、職人の手仕事を覗くことができる贅沢な空間。遊び心に溢れた店内とアイテムのセレクトが胸を打ちます。
 

2階〜5階には、アッシュ・ペー・フランス ビジュー、エムエム6 メゾンマルジェラ、3.1フィリップリム、アレキサンダーワンなどの人気のコレクションブランドやセレクトショップが軒を連ねます。

ファッションにとどまらず、オトナプラザ、中川政七商店、コンランショップなど、雑貨やインテリアの人気ショップも集結!

銀座にも降臨! アートと文化が溢れる蔦屋書店

忘れてはならないのが、6階の蔦屋書店と併設のスターバックス。アートブックの品揃え世界一を目指すべく、多くの雑誌・書籍を取り揃えています。

高さ6メートルの書架に囲まれながら、その時の自分の心にフィットする1冊を探す。天窓から降り注ぐ光がなんとも心地のいい空間。

一際目を引くのが、吹き抜けのイベントスペース。生命力に満ちた江戸文化と現代の東京カルチャー、そのどちらにもスポットを当てたいという願いで、アートとカルチャーに特化したイベントを日々開催していく予定。5月末までのオープニングイベントでは、蜷川実花、杉本博司、名和晃平の作品展示も。

小腹が空いたら&手土産探しなら、地上2Fへ!

ファッションやビューティー、アートだけじゃない! 心を満たしたら、お腹もしっかり満たすべく食物販エリアへ行くのがGINZA SIX通。
話題のフードショップや、これまではご当地でしか味わえなかった老舗が所狭しと立ち並ぶ空間に気分が高まること間違いなし!

100年前、西洋の文化が入り混じる日本でハイカラな街として栄えた銀座は、カフェ文化の中心でもありました。そんな銀座で珈琲が一番美味しいお店として有名だったのが、この「カフェ・ユーロップ」。 100年の時を経て、日本のみならず、世界的都市となった銀座。
最新のトレンドが行き交うGINZA SIXで、100年変わらない伝説のお店の1杯を。
そんな風に“銀座”を粋に堪能しながら、ショッピングを締めくくるのもいいかもしれません。
 

GINZA SIX(ギンザ シックス)

〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1

GINZA SIX総合インフォメーション
Tel: 03-6891-3390
営業時間:ショップ10:30~20:30/レストラン11:00~23:30
※一部店舗により異なる。

https://ginza6.tokyo/

出典:She magizine

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。