体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

itなニュースポット「GINZA SIX」の見どころを解析

ラグジュアリーな空間と、それぞれのショップが試みるここにしかない仕掛け。心ゆくまで“銀座”を体感できるニュースポット「GINZA SIX(ギンザ シックス)」のshe magazine的見どころを紹介します!

4月20日に開業した銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」。銀座のシンボルとも言える中央通りに面したエリアには、ディオール、サンローラン、セリーヌ、ヴァレンティノ、フェンディ、ヴァン クリーフ&アーペルの6つのラグジュアリーブランドが旗艦店を構えます。

POPでアーティーなオープニング展示がお出迎え
 

入店した人々をまず迎えるのは、中央吹き抜けに装飾された草間彌生作品。
おなじみのドットかぼちゃバルーンが、まるでPOPなシャンデリアのように飾られた空間は、フォトスポットになること間違いなし!
このオープニング展示は、2018年の2月25日まで楽しめるそう。

オープニング展示に連動して、草間彌生POP UP STOREも絶賛開催中!
他にも館内には限定の展示やコラボレーション企画など、あらゆるアートスポットが点在しているので、要check。

大充実のB1Fビューティーフロア!

she magazineのニュースでもピックアップを欠かせない、itなコスメアイテムたち。広々としたビューティーフロアには、人気のコスメブランド34店が集結し、最先端のビューティーニュースが一気にキャッチできる空間に。
 

イヴ・サンローラン・ボーテは、国内最大級のフラッグシップブティックをオープン。アイテムのラインナップもさることながら、よりパーソナルな空間として、レコーディングスタジオをコンセプトにした、世界初のVIP会員向けのプライベートルームを併設。今までにはなかった、個人にズームしたサービスが受けられるのです。また、GINZA SIX限定のアイテムや眉分析と書き方のアドバイスが受けられる店舗限定クイックサービスも。

1 2 3次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。