体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

再生品「Galaxy Note 7R」が大きな影響を与えた米国のFCCから認証を取得

バッテリーの発火問題で販売中止となったものの、回収した端末を利用して再度発売する「Galaxy Note 7R」と見られる「SM-N935KOR」が 5 月 4 日付けで FCC の認証を取得しました。これにより、まずは韓国向けの Galaxy Note 7R の存在が確認されたことになります。SM-N935KOR の型番は通常の韓国モデルとは異なるものとなっています。キャリアに投入するものではなくメーカー販売品なのかもしれません。認証資料によると、SM-N935KOR は SM-N935S をベースにしており、バッテリーは Samsung 製の「EB-BN935ABA」を搭載しているようです。バッテリー容量までは公開されていませんが、噂だと 3,200mAh に減ったとされています。SM-N935KOR は韓国モデルなので米国に投入されることはないと思いますが、事故により大きな影響を与えた米国の規制当局から発売が承認された形となったので最終的な発売の決定が下ったことになります。Source : FCC

■関連記事
Preview版ファームウェアを搭載したHuawei WatchにAndroid Wear 2.0の公式版が配信中
6月から台湾でもAndroid Payが利用可能に
Moto Z2 Playのスペックとレンダ画像が流出

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。