体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「メッセージよりもスタイルが大事」 若者たちの”お祭りデモ”とは 愛知淑徳大・伊藤昌亮准教授<インタビュー「3.11」第4回>

愛知淑徳大学メディアプロデュース学部の伊藤昌亮准教授

 東北地方に甚大な被害をもたらしただけにとどまらず、全国に大きな影響を及ぼした東日本大震災から、2012年3月11日で1年となる。東京電力福島第1原発の事故をはじめとした問題の多くは未だ解決しておらず、震災前と震災後とでは、ライフスタイルから精神面までも変化したようにさえ思える。

 その「変化」の中でも目立つことの一つとして、原発再稼働反対や原発廃止を訴える「脱原発デモ」が活発な現状が挙げられるのではないだろうか。Twitterなどのソーシャルメディアを介して呼び掛けられるデモには若者も多く集まり、大音量のサウンドを流しながらパフォーマンスをする「サウンドデモ」などの新しい形態でも注目された。

 日本の未来を担う若者たちは、新しいデモに参加することで何を目指し、何を得て、どこに向かおうとしているのか。『デジタルメディア論』や『文化運動論』などを専門にしている愛知淑徳大学メディアプロデュース学部の伊藤昌亮准教授に「若者とデモ」について聞いた。

・東日本大震災 3.11 特集
http://ch.nicovideo.jp/channel/311

(聞き手:古川仁美)

■新しいデモはメッセージを伝えることが目的ではない!?

――まずは、東日本大震災及び福島第1原発事故以降に起こった「脱原発デモ」の概要と特徴を教えてください。

 最初は、2011年4月10日に東京・高円寺で1万5千人が集まるデモが起きました。3月の終わりに『素人の乱』(高円寺を中心に展開しているリサイクルショップや飲み屋などの店名)の松本哉氏が「デモをやろう」と提案し、その情報がTwitter上で流れ、それが日ごとに増えていきました。4月に入ったところで、Tumblr(タンブラー、ミニブログサービスの一種)でサイトが作成され、賛同者を集めました。つまりTwitterによる「拡散」とTumblrによる「集積」ですね。ネット戦略がうまかったんでしょう。

 こうして、高円寺で「新しいデモの形」が成立しました。その後、同じく『素人の乱』主催で5月に渋谷、6月に新宿でデモがありました。ともに若者が中心の、一種の野外ライブのような「サウンドデモ」という新しい形のデモですね。

 このようないわゆる「お祭りデモ」の系譜自体は、もともと1990年代のイギリスあたりからあったんですが、今回はソーシャルメディアを効率的に使った点で集客力がすごかったんでしょう。今までのデモでは、団結させる人が存在して、人々は「モビリゼーション(動員)」されることによって参加していました。だけど、今のデモは「コラボレーション(合作)」なんですね。立ち上げられたサイトに色々な情報が集積していくのと同じように、人々はデモの現場にも色々なものを持ち寄って、コラボレートして、一種の表現活動をしているんです。

 表現というのは、「原発反対!」という意見表明だけではなくて、音楽やファッション、プラカードやポスターなども含めた、本当の意味での「表現」。デモが集合的な「表現の場」として成り立っているんです。そこに持ち寄られるのは、「原発反対!」という政治的な意見だけでは必ずしもなくて、ライフスタイルや感覚・感情・好みといったものも集めて「ユニークな表現体を作る」というノリだったと思うんですよ。それがすごく新しいし、面白い現象でした。

「さようなら原発 5万人集会」(2011年9月19日)

――震災後に起こったデモは「お祭りデモ」だけではありませんよね?

 今話したデモをきっかけに日本中にデモが広がり、半年ぐらいの間に200回以上のデモが行われました。その中に『原水禁』(『原水爆禁止日本国民会議』の略称。1965年結成の反核・平和運動団体)が企画したデモが9月にあって、これはノーベル賞作家の大江健三郎氏らが発起人になって、5万人ぐらいが集まった大規模なものでした。このデモは、どちらかというと伝統的なタイプのデモでしたね。市民運動団体が企画して、参加する人も年齢層が比較的高め。ちゃんとしたメッセージを届けるためのデモです。

 最近のデモには今挙げたような「市民運動型デモ」と「お祭りデモ」があると言えるでしょう。極端な話をすると、「お祭りデモ」ではメッセージよりもスタイルが大事。もともとデモはメッセージを伝えるためのメディアだったんですが、「お祭りデモ」はメディアそのもの、つまりデモのスタイルそれ自体がメッセージになっています。

 こういうことを言うと誤解を招くかもしれませんが、「お祭りデモ」における「原発反対!」というメッセージは、そうしたスタイルを表現するための一つの「きっかけ」みたいなものかもしれません。つまりスタイルの表現がライフスタイルの表明につながり、それ自体がデモの本質的なメッセージになっている。原発問題はそのためのきっかけだということです。

――「原発反対!」というメッセージよりもスタイルに重きを置いているとすれば、デモに参加している若者たちはそのことを自覚しているのでしょうか?

 当たり前のこととして、自分たちの感覚に応じてやっているから、特別言葉にする必要がないんじゃないですかね。これまでの市民運動では、デモではいかにメッセージを強く訴えるかが問題とされていました。だから最近の「お祭りデモ」を批判する人は「大音量で音楽を流すようなやり方ではメッセージが伝わらない」「メッセージがはっきりしていない」と言うんですが、これはおそらく批判の論点が間違っていて、「お祭りデモ」ではメッセージを伝えることが眼目ではなくて、スタイル自体がメッセージなわけです。そこに本質的な新しさがあります。

 これまでは、「特定のメッセージを打ち出すことによって社会を変えていこう」というはっきりした目的があって、その前提には、きちんとした「社会」がシステムとして成り立っているという認識がありました。「システム」対「市民」という構造があって、「自分たちは『市民』の側にいて『システム』を変えるためにメッセージを届ける」のがこれまでのデモでした。

 今のデモでは、自分たちの「市民」としてのアイデンティティを強調することはあまりないし、自分たちが対峙する「社会システム」も、あまりしっかりと成立したものとして捉えていません。システムを信頼してもいないし、市民としての既存のアイデンティティに安住してもいない。今のデモは、既存の社会とは別に、自分たちで新しい社会を作っていこうとしています。そのために自分たちのアイデンティティを持ち寄って、練り上げて、そこに自分たちのスタイルを通して、新しい社会を創造していこうというノリがある。極端に言えば「原発反対!」もそのためのきっかけであって、「原発みたいなものがない社会を創り上げていく」というヴィジョンの起点になっているんですよね。

1 2 3 4次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。