体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドイツのバームクーヘン発祥の地で食べ比べ!田舎町でのんびり過ごす1日。

バームクーヘン発祥の地、ドイツのザルツヴェーデルで味比べ!田舎町でのんびり過ごす1日。

子供のころに食べたあの味。最近ご無沙汰でした。

バームクーヘン。木の年輪を思わせる断面が特徴的なドイツ菓子。子供のころに、どこからかいただいたものなのか、高さが10センチメートル、直径は20センチメートルはあるような、切り株の形をしたものを切り分けて食べたのが最初だったと思います。甘いバニラとバターの香りに、幾層にも重なる生地の食感がたまりませんでした。

そういえば、最近ご無沙汰。ドイツのザルツヴェーデルという旧東ドイツ側にある小さな町がバウムクーヘンの街だと聞いて、出かけてみました。

ベルリンから日帰りで!電車で1時間40分ほど

バームクーヘン発祥の地、ドイツのザルツヴェーデルで味比べ!田舎町でのんびり過ごす1日。
ザルツヴェーデルは人口20,000人ほどの小さな町。石畳の通りに木組みの建物が並ぶ、かわいらしい田舎町といった印象です。街を囲む中世の城壁や城門もそれほど高さもなく、なんとなく微笑ましい感じ。町の中心には広場があり、レストランなどもありますがとても静かで、歩くスピードも、自然にゆっくりになります。

バームクーヘン発祥の地、ドイツのザルツヴェーデルで味比べ!田舎町でのんびり過ごす1日。
(c)Atsushi Ishiguro

今回は3軒のバームクーヘン屋さんを尋ねて、味比べです。

キッチンの見学もOK!エアステ・ザルツヴェーデラー・バウムクーヘンファブリーク

バームクーヘン発祥の地、ドイツのザルツヴェーデルで味比べ!田舎町でのんびり過ごす1日。
(c)Atsushi Ishiguro

このお店、ドアノブがかわいいバームクーヘンの形。奥にあるキッチンは誰でも見学することができます。バームクーヘンはオーブンで焼くのではなく、直火で焼くんですね。日の前に、長さが1メートルはあるくるくる回る棒をセットして、そこに生地をかけては焼き、かけては焼き。

この店のバウムクーヘンの特徴は、しっかりと泡立てられたメレンゲを使ったふんわりとした食感です。

バームクーヘン発祥の地、ドイツのザルツヴェーデルで味比べ!田舎町でのんびり過ごす1日。
(c)Atsushi Ishiguro

これまでは、密度の高い、むっちりとしたものしか食べたことがなかったのですが、空気を含んだ優しい食感は初めて。日本ではなかなかお目にかかれないおいしさです。砂糖や、チョコレートでコーティングしたものも、絶妙な甘さのバランスでした。

バームクーヘン発祥の地、ドイツのザルツヴェーデルで味比べ!田舎町でのんびり過ごす1日。
(c)Atsushi Ishiguro

町のベーカリー。ザルツヴェーデル・バウムクーヘンはローカルな雰囲気!

このお店は専門店ではなく、様々なパンも楽しめるカジュアルなベーカリーカフェ。どっしりとしたドイツパンや、おいしそうなスイーツが並んでいます。

バームクーヘン発祥の地、ドイツのザルツヴェーデルで味比べ!田舎町でのんびり過ごす1日。
(c)Atsushi Ishiguro

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy