ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Google、DIYキットのリファレンスデザインを用いて人工知能デバイスを自作できるようにする「AIY プロジェクト」をローンチ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google は 5 月 4 日、様々な DIY キットのリファレンスデザインを用いて人工知能デバイスを自作できるようにする「AIY プロジェクト」をローンチしました。まずは、開発者が自分のハードウェアにボイスコマンドインタフェース(VUI)を組み込むことのできる「Voice Kit」を提供しています。AIY プロジェクトは Google の人工知能プラットフォームにアクセスできるハードウェアのリファレンスデザインを提供するオープンソースのプロジェクトです。DIY と AI(+ Android Things も?)をかけて AIY としたのでしょう。Voice Kit は AIY プロジェクトからリリースされた Raspberry Pi ベースのリファレンス開発キットです。開発者は自分のアプライアンス製品や IoT 機器に VUI を組み込むと、Google Assistant SDK や Cloud Speech API を利用した音声操作をハードウェア上で直接実行してデバイスを制御することが可能になります。Voice Kit を上手く活用すると、物理ボタンやディスプレイなどの従来のインタフェースを持たないハードウェア開発が可能になります。Voice Kit は IoT 向けの Android Things に対応しており、Voice Kit をサポートした Android Things の Developer Preview 3.1 もリリースされています。Voice Kit は米国の Barnes & Noble、英国の WH Smith や Tesco、Sainsburys、Asda で販売されるほか、 MagPi Magazineの全購読者に無償で提供されます。Source : Google

■関連記事
Nova Launcher 5.1が正式リリース、ダイナミックバッジが追加
Huaweiもスマートフォンから3.5mmオーディオジャックを削除、Honor 9で最初に適用か?
Galaxy S8のオンスクリーンホームボタンはiPhone 7並みのリアルな物理ボタンを再現、ロック画面でも操作可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。