体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

正しく発音できれば英語を聞き取ることができるようになるワケ

正しく発音できれば英語を聞き取ることができるようになるワケ

何年英語を勉強しても聞き取ることができない日本人は多い

いきなりですが、こんな経験はありませんか?
●英語の電話会議で、相手が何を言っているのか聴き取れず、冷や汗の連続
●突然外国人に話しかけられて、おそらく道を聞いているのだと大体はわかるが
確信出来ないので、「ソーリー」と後ずさりしてしまう
●外国人のスピーチで、後からスクリプト(原稿)を見ると全部わかるのに、実際には聞き取れない
●簡単な英文なのに、外国人に話しかけると何度も聞き返される
●英語のニュースを毎日聞いているのに、リスニング力が上達したようには思えない

これは全部、私が経験したことです。
そして、私のスクールの生徒さんの共通するお悩みでもありました。
この悩みを解決する方法に出会うまで、中学で初めて英語に触れてからそれこそ何十年も「聞き取れない」ことで失敗を重ねてきました。

そもそも「なぜ、何年も何年も英語を勉強してきたのに、簡単な英語すら聞き取れない」ということが起こるのでしょうか?

英語力があるのに聞き取れない原因は発音にあり

「英語が聞き取れない」ことの原因は大きく3つあります。
1.語彙の不足
2.文法の不慣れ
3.発音

1と2については、要するに英語力の不足です。
それは日本語で考えると理解しやすいと思うのですが、相手が使う言葉、表現を全く知らなければ「聞き取る」ことは出来ませんし、基本的な文法(主語の後には動詞がくる、など)に不慣れだと、意味をつかむことは難しいでしょう。

しかしながら、語彙はある、文法もわかる、話された言葉のスクリプト(文字に書き起こしたもの)を読むと全部理解できる、つまり「英語力には問題ないのに、聞き取れない」という方が数多くいらっしゃいます。
こういうケースでは、聞き取れない原因は3の発音にあります。

え?リスニング(耳)の問題なのに、どうして発音(口)が原因なの?
その理由は、日本語で使われる「音」と英語で使われる「音」ではあまりにもかけ離れているからなのです。
そして、私たちはその「英語の正しい音」を学んでこなかったので、その音を聞き取ることが出来ないのです。

英語を聞いているとすぐ疲れるのはなぜ?

自分が発音できない音は、基本的に聴き取ることは出来ないと言われています。
私たちの脳には知らない音を聞いた時に、知っている音に無意識に置き換えてしまう性質があります。
つまり多くの日本人は、英語を聞いた時に、知っている日本語の音(カタカナ)に置き換えて聞いているのです。

日本語の母音はたったの5つですが、英語は全部で20個も母音があります(学者により諸説あります)。
子音は全部で24個もあります。
でも正しい音を知らなければ、英語が聞こえてくると頭の中で知っている音に置き換えた「空耳アワー」が起こります。
それを知識や文脈から類推して「こう言ったんだろう」という置き換え作業を、猛スピードでしているのです。
これは複雑で集中力が要求されます。

だから「英語を聞いているとすぐ疲れる!」のです。
そんなに長い時間、集中力は続かないので、1つ2つわからない単語が出てきただけで、集中が途切れてあとはさっぱりわからない、なんてことが起きるのです。(以前の私がまさにそうでした。ちなみにテレビの「空耳アワー」は大好きです。)

「聞き取れるようになりたい!」と思ったら、普通はテキストの音声教材でまず聴く練習を始めますよね?
その時、「空耳アワー」が頭の中で渦を巻いて、知っているカタカナ発音に置き換えたまま聞き続けていれば、どうなるでしょう?
頭の中は修正作業の連続。疲れるはずです。

正しく発音できることで結果的に聞き取ることができるように

これを解決する方法はたった一つ。
「正しい音を知ること」です。

そして「正しい音を知る」とは自分で「正しい音を出せる=正しく発音できる」ことです。

こういう言葉があります。
「耳から聞こえてくる言葉を全て発音できるとは限らないが、発音できる言葉は全て聞き取ることが出来る。」

LとRをすべてラ行に置き換えて発音してきた人は「ROCK」も「LOCK」も「ロック」としか聞き取れませんが、LとRの正しい発音が出来るようになったあとは「ROCK」は「ROCK」としか聞こえなくなります。

1 2次のページ
JIJICOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。