ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『ラーメン二郎』大好き芸人が教える「関東最強の名店はここだ!」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『ラーメン二郎』大好き芸人が教える「関東最強の名店はここだ!」

今回お話をうかがったのは、ホリプロコム所属のお笑いコンビ「ハイスクール」の宮田さん。『ラーメン二郎』が大好きで、関東圏内のほとんどの店舗を制覇してしまったという宮田さんが教えてくれる「関東最強の名店」とは!?

SONY DSC

「突然ですが、みなさんは『ジロリアン』という言葉をご存知ですか? 今では全国規模の知名度となった人気ラーメン店『ラーメン二郎』の愛好家を指す呼び名です。何を隠そう、僕は『ジロリアン芸人』なんです。関東圏内のお店はほぼ全店制覇しています。

 

『ラーメン二郎』は店舗によって味が違うのが魅力のひとつなのですが、その中でも僕が一番おいしいと思うのは、『ラーメン二郎 ひばりヶ丘店』です。ここは、もともと三田にある本店で修行していた方が、そこから小金井の店舗に移り、それから地元に帰ってきて出したお店なんです。この『ひばりヶ丘店』は、一言で言うと『全部がすばらしい』んですよ! まず、スープ。だいたい『二郎』ってスープが茶色かったりするんですけど、ひばりのスープは黄金なんです。俗に『金色スープ』って呼ばれてるんですけど、本当においしい。チャーシューもホロホロで、味のつけ方も他の店舗とは全然違うんです。

 

『ラーメン二郎』って、ネットに書かれる情報では、『ボリュームがバカみたいに多い』とか『店員の接客態度が悪い』とか、悪いイメージで語られることも多いんです。確かに、皆さん黙々と食べてますし、店員さんによっては、お客さんが少しでもおしゃべりしていると『ちょっとごめんね、後ろに人が並んでるから、食べることに集中して』って言われたりすることもあります。でも、実は僕、店員さんとは結構仲がいいんです。通い詰めたからなのか、『逆に店員さんが話しかけてくる』っていうレベルになりましたね。誕生日のときに行ったら、さっき話したホロホロのチャーシューを丸々2本いただけたんです。店員さんも悪い人ではないので、ラーメンを味わいながら、だんだんと親しくなっていけばいいんです。

 

一口に『二郎』と言っても、全ての店が同じ味じゃない。だからこそ、いろいろなところに行って、『自分に合ったラーメン二郎を見つける』っていう楽しみがあるんです。それに、1回目でその店のおいしさに気付けることはなかなかないんです。かくいう僕も、4回目に行ったときにようやく『おいしい』って感じたんです(笑)。正直な話、3回目までは『あんまりおいしくない』って思ってました。『こんなラーメンに並んでるヤツの神経が分からん!』ってね。けれど、4回目で覚醒しました。こればかりは、実際に食べて、感じていただかないと分からないと思います。

 

ちなみに、二郎だけではなくいろいろなラーメン屋の、それこそ『大勝軒』なんかも入っているようなラーメンのランキングで、全国のトップ店にランクインしたのが『ひばりヶ丘店』なんです。『ラーメン二郎』の中で唯一トップ10入りをしているんです。初心者の方も安心して食べに行ってみてください!」

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。