体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どもの想像力を育む舞台!デンマークの公園の可愛い遊具たち

子供の想像力を育む舞台!デンマークの公園の可愛い遊具たち
(c) MONSTRUM

デンマークといえば、世界中の子どもに愛されてるLEGOブロックを生み出した国。LEGOは手先が器用になるばかりではなく、子どもたちの想像力やクリエイティビティを育むことでも定評があります。けれどそのデンマークには、子どもたちがカラダ全体を使って想像力を育むことができる公園がたくさん存在します。ちょっとのぞいて見てみましょう。

可愛くてダイナミックな遊具たち

子供の想像力を育む舞台!デンマークの公園の可愛い遊具たち
(c) MONSTRUM

デンマークのオーフスという街にある図書館のプレイエリア「KLODEN」には、こんなクマの遊具が存在します。

子供の想像力を育む舞台!デンマークの公園の可愛い遊具たち
(c) MONSTRUM

子どもたちが思わず見上げるほどの巨大さですね。

子供の想像力を育む舞台!デンマークの公園の可愛い遊具たち
(c) MONSTRUM

クマの体内を通って、滑り台で外に出られます。

子供の想像力を育む舞台!デンマークの公園の可愛い遊具たち
(c) MONSTRUM

ひっきりなしに子どもたちがよじ登っています。

子供の想像力を育む舞台!デンマークの公園の可愛い遊具たち
(c) MONSTRUM

そうかと思えば、オーデンス動物園(Odense Zoo)という場所にあるのは、ジャングルの王者ライオンの遊具。

子供の想像力を育む舞台!デンマークの公園の可愛い遊具たち
(c) MONSTRUM

子供の想像力を育む舞台!デンマークの公園の可愛い遊具たち
(c) MONSTRUM

ライオンの口に出入りできるなんて、なんていう大冒険! 子どもたちのアタマの中では、スリリングなストーリーが育まれているのではないでしょうか。

デフォルメしているようでありながら、こんなに精巧でダイナミックな遊具で遊べる子どもたちは幸せですね! 実は、この遊具たちが素晴らしい理由は、意外なところに理由があるんです。

舞台美術出身のデザイナーたちが手掛ける世界観

子供の想像力を育む舞台!デンマークの公園の可愛い遊具たち
(c) MONSTRUM

じつはこの遊具たち、デンマークの同じ会社によってデザインされています。これらを手掛けた「MONSTRUM」という会社は、オレさん(Ole Barslund Nielsen)とクリスティアンさん(Christian Jensen)という2人のデンマーク人によって設立されたのですが、元々彼らの専門は舞台美術。デンマークの演劇界で出会った2人が、当時5歳だったオレさんの息子さんにインスピレーションをもらって公園の遊具を手掛けるようになったのだとか。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。