体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Psycho le Cému、今年初のワンマンでFC限定ライブ&夏の全国ツアー開催を発表

Psycho le Cémuが4月30日(日)、新木場STUDIO COASTにて『サイコ イン ワンダーランド~不思議の国のアヤッス~』と題したワンマン公演を開催した。
4月30日(日)@新木場STUDIO COAST (okmusic UP's)
2015年の完全復活後、3枚目となるシングル「STAR TRAIN」を引っ提げて行われた今年1発目のワンマン公演は、得意の演劇スタイルを織り交ぜたパフォーマンスでアリスの世界を表現。今年はニコニコ超会議などイベントへの出演が多かった彼らだが、エンターテインメント集団としての実力も、本公演では存分に発揮。それでいて、メンバーが互いを意識し、バンドとしてもひときわ輝くPsycho le Cémuを見せつけてくれた。

本公演の物語に登場したキャラクターは、娘に逃亡され笑顔を失ってしまった白金のエンペラー・YURAサマ(Dr)、不思議の国への案内人役・兵隊ウサギのLida(G)、不幸のどん底の時に現れるという幸福のエッグマン・seek(Ba)、猫のマッドハンター・DAISHI(Vo)。そして、そんな不思議の国へ迷い込んだ今回の主人公でもある不思議の国のアヤックス・AYA(G)だ。劇団Psycho le Cémuは、白金のエンペラー・YURAサマの失った笑顔を取り戻し、不思議の国から元いた世界へ戻るため物語は進んでいく。

“サイコ イン ワンダーランド~不思議の国のアヤッス~へ、ようこそおいで下さいました。ここへ迷い込んだら最後。常識は常識でなくなり、アメージングな世界に驚くでしょう。だって、ここはサイコ イン ワンダーランド!”

演劇を挟んでメンバーカラーのペンライトで埋め尽くされた景色の中、ダンスナンバー「MEGATRON –Upper ver.-」からこの日のライブはスタート。アッパーなトランス調の曲にあわせてメンバー全員で息のあったパラパラ風のダンスをのっけから披露すると、フロアのペンライトもしっかりとその息にあわせて踊り出した。ギターソロでは、Lidaコールが巻き起こり、続く「激愛メリーゴーランド」でも心地よいビートにメンバーのダンスは続く。新曲「STAR TRAIN」を早々に演奏すると、フロアからはさらに歓声が上がった。そして、強いドラムのアタック音からはじまった「あきらめないDAYS」。“諦めないで”という強いメッセージを刻み込むように歌い上げるDAISHI。ここまでポップでメロディアスな楽曲にエネルギッシュな歌声でステージを展開した彼らだったが、ダークなサウンドに“頭ふれんのかー?”と声があがった「摩天楼カオス」では、激しいステージへ豹変。頭を振り乱す観客にサイレンのように唸り声をあげるギター。続く「LOVE IS DEAD」でもスリリングで調和のとれた演奏をリズム隊が披露し、大きな拳とかけ声がフロアにこだました。ステージに押し寄せる観客の波と、熱気。 

“今日は初っぱなからガンガン飛ばしてくからガンガン来いよ!”

ゴリゴリのサウンドにラップを取り入れたミクスチャー・ロックな「one day」では、妖艶なDAISHIの歌声と激しいジャンプに会場は揺れた。そしてメジャーデビュー曲「愛の唄」では、一度耳にしたら忘れないベースのフレーズが印象的なイントロから青空と太陽を感じさせる唄がステージへと響いた。この日は久しぶりに「BLUE AGAIN」も披露。「Fantastic Fantasy」では上手から下手へタオルのウェーブがおこり、デジタルサウンド基軸とした「BLADE DANCE」ではフロアいっぱいにタオルが回った。会場のヴォルテージは更に上昇。

本編も中盤へ差し掛かったところで、再び演劇がはじまった。ライブの中に織り交ぜられたこの演劇は、Psycho le Cémuの公演の特色とも言えるが、ここではAYAの“マカロン、ロリータ、ジェラードピケ、あたし”といった様に哀愁漂う謎のひとり劇を繰り広げ、会場を爆笑の渦に包んだ。

その後もライブは続き、「You&Me」がはじまると煌びやかなポンポンを持って再びAYAが登場、踊りながらステージを盛り上げる。さらにLidaの繊細なアルペジオからDAISHIにピンスポットが照らされ「この星に願いを…」が贈られると、会場へ星空を広げていくかのようにその後も「UNIVERSE」が披露され幻想的に美しい歌声で締めくくられた。

そして“今日はちょっと大人の本気のライブなんで”とDAISHIが前置きすると、ヘヴィ・チューン「2020」で再び激しい後半戦の火蓋は切られた。勢いはそのまま「Last Emotion」とインディーズ時代にリリースされたライブの定番曲でもある「Murderer / Death / Kill」をプレイ。押し寄せる熱気でファンが心配されるも、途中ステージからAYAがウォーターガンを噴射。「道の空」「しばしの別れ」を演奏し終えると、ライブ終盤ではPsycho le Cémuから夏の全国ツアー&ファンクラブ限定ライブの詳細が発表された。全国ツアーのコンセプトは“ドッペルゲンガー”。MCでは彼らの長年の夢でもある日本武道館公演についてseekが触れ、“笑いながら死ぬ気で頑張っているので、みんなで日本武道館まで行きたいと思ってます”と話した。そして、最後はYURAサマの“ロケットバイビー♪”で本編は終了。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会