体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Warpaint『Heads Up』Interview

NeoL JP | Photo : Satomi Yamauchi | Edit : Ryoko Kuwahara

NeoL JP | Photo : Satomi Yamauchi | Edit : Ryoko Kuwahara

ナイジェル・ゴドリッチなど大物プロデューサーを起用した前作『Warpaint』に対し、デビューEP『Exquisite Corpse』(2009年)を手がけた盟友ジェイコブ・バーコヴィッチと制作されたニュー・アルバム『Heads Up』。その出来栄えについて、「バンドの進化とも言えるし、ウォーペイントの成熟期とも言えるわね」と彼女たちは自負する。ダンス・フィールに溢れた4人のグルーヴィな演奏、サイケデリックな陰影感を取り込んだ奥深いサウンドスケープ、ロウ・キーなヴォーカル&コーラス……といったウォーペイントの醍醐味が、なるほど、『Heads Up』にはより凝縮された形で表現されている、と言っていい。先日行われた来日公演でも、ヤイエルをオープニング・アクトに迎えて素晴らしいパフォーマンスを披露した彼女たち。一昨年のソロ・アルバム『Right On!』も高評価を得たジェニー・リンドバーグ(Vo/B)、そして、ニュー・プロジェクトが進行中?とも噂のテレサ・ウェイマン(Vo/G)に話を聞いた。

―前作の『Warpaint』では、メンバー各自が曲を持ち寄るやり方でレコーディングが進められたそうですが、今回は?

ジェニー「今回もメンバーそれぞれが曲を持ち寄ったりもしてるんだけどね。ただ、今回は駆け足で曲を作ってるから、それは今までにない要素だったのかも。スタジオにいる時間があんまり取れなかったから、スタジオでガーッと集中して曲を書いて、自分のパートに集中するような。だから、今回はとにかく短期間で集中して作った感じ」

―今回の『Heads Up』を聴いて、これまでのアルバムに増して4人の演奏が密に溶け合っている印象を受けたのですが、そうした制作時のテンションの高さも影響しているんですかね?

テレサ「そうだね。時間が限られたおかげで、かえって集中できてよかったのかもしれない。あとは、今回のサウンドのせいもあるのかも……今まで以上に音が鮮明というか、リヴァーブとかあんまり使ってないから。リヴァーブを入れることで空間的な広がりが出るけど、今回はそれをなくしたことでギュッと凝縮されてるというか、より伝わりやすくなってる」

ジェニー「ダイレクトだよね」

テレサ「うん、直接響いてくる感じ」

NeoL JP | Photo : Satomi Yamauchi | Edit : Ryoko Kuwahara

NeoL JP | Photo : Satomi Yamauchi | Edit : Ryoko Kuwahara

―ダイレクトな音を意識するようになったのはどうして?

テレサ「単純にミュージシャンとして成長したってことなんじゃないかな。より確固たる表現が身についたというか、そのままの自分達を表現したかった。前よりもバンドとして一体感が出るようになったから、その方が自然だったし。もっとクリアに自分達を表現したい願望が強くなったり、自分達が何を演奏するのかってことに対して、より明確に意識的に選択できるようになった、ってことなのかな……どう思う?」

ジェニー「あと、ヴォーカルのおかげもあるんじゃないかな。今回、みんなで一緒にすごく歌ってるのね。リヴァーブの代わりにヴォーカルをいっぱい使ってるし、しかもそれがちゃんと主張してる。ヴォーカル以外にも、ありとあらゆる点において自分達の表現を明確にダイレクトに伝えようとしてるんだよね」

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。