体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マジシャンが「ドローン」を使ってイリュージョン。種も仕掛けもアリですが。

生活・趣味
マジシャンが「ドローン」を使ってイリュージョン。種も仕掛けもアリですが。

テクノロジー全盛の時代に、マジックはボクたちに何を示してくれるのだろう。仮想現実や拡張現実の登場は、「イリュージョン」という何となく子供だましのようで、あいまいな錯覚を、どんどん窮屈な世界に追いやっているようにも思えます。

が、必ずしも技術の進歩とイリュージョンは、相反する関係でもないようで。両者を見事に融合させるマジシャンがいました。

テクノロジーが
テクニックと相まみえる

ヴァーチャル・マジックの第一人者マルコ・テンペストによる、小型ドローンを使った“イリュージョン”を紹介します。これまでにも、iPadやロボットなどテクノロジーをマジックと融合させてきたトップマジシャンの最新作。

ドローンの性能を知っていれば、これを「手品」と呼ぶには抵抗がある。それでもマルコのジェスチャーや指示に操られて動くドローンは、目の前にある「現実」が言葉の意味ほどのリアリティをもっていない事実に気づかされます。マジシャンが「ドローン」を使ってイリュージョン。種も仕掛けもアリですが。 ドローンをひとつひとつ均等にフロア並べていくマルコ。これがマジックならば、見る側は準備段階をとくに注視することでしょう。でもここではその必要もなし。ざっくり言えば、これから始まるのは小型ドローン飛行だから。マジシャンが「ドローン」を使ってイリュージョン。種も仕掛けもアリですが。

準備完了、計10機のドローンに魂が宿る時間がやってきました。マジシャンが「ドローン」を使ってイリュージョン。種も仕掛けもアリですが。

「およそ100年前、マジックの世界で『空中浮遊』が登場しました。だけど、こんなに長く浮かんでいられたか?もちろんNO。これはテクノロジーが生み出した結果。でもね、それだってイリュージョンになるんですよ」。

たとえ、これが技術によるトリックだったとしても、それすらもボクたちの想像を超えているように見せることができる、とマルコ。

それにしても、どうやってドローンを1機ずつ操作しているのだろう。なんて、疑問は野暮ですね。

イリュージョンは
テクノロジーの道標

マジシャンが「ドローン」を使ってイリュージョン。種も仕掛けもアリですが。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会