ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

紫外線ライトを缶ビールに当てて浮かぶ謎の番号

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
紫外線ライトを缶ビールに当てて浮かぶ謎の番号

ブラックライトとも呼ばれる紫外線ライトは、照射すると対象物の蛍光インクが発光します。蛍光インクは紙幣やクレジットカード、パスポートなどさまざまな場所で偽造防止に利用されているもの。そこで、紫外線ライトで身近なものを照らしてみました。すると、缶ビールに謎の管理番号を発見したのです。

紫外線ライトで蛍光インクを発見

紙幣の鑑別に使われる紫外線ライト。小型で取り扱いやすいLEDタイプの紫外線ライトは、3,000円程度で売られています。

印刷偽造防止として多様される微細印刷や磁性体インクをチェックするには、顕微鏡や磁気センサーといった装置を準備し、鑑別するためにそれなりの知識が必要です。しかし、紫外線ライトなら対象を照らすだけで、蛍光物質のインクが発光するかどうかで判定できます。

試しに身近なものを紫外線ライトで照らしてみました。紙幣だけでなく、クレジットカード・宝くじ・パスポート・船舶免許証・郵便物…など、至るところで隠された蛍光インクを発見できます。

紫外線ライトで缶ビールに謎の番号

紫外線ライトを紙幣に照射すると、日本紙幣の印影は朱色が金色に発光。USドル紙幣は、肉眼では分からない安全線(セキュリティスレッド)が赤く輝きます。クレジットカードは不可視印刷されたのロゴが浮き出ました。

パスポートの場合はもっと驚き。高度な技術で、顔写真がそのまま蛍光インクで不可視印刷されているのです。小型船舶操縦免許証の余白の多い裏面に照射すると、「国土交通省」のロゴと文字がきれいに出現します。

紫外線ライトを照らして意外だったのは缶ビール。缶ビールやチューハイといったアルコール飲料には、謎の管理番号が印字されているのです。なお、LEDの紫外線ライト光源の直視は目に炎症を起こすこともあるので慎重に取り扱いましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。