ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

国内初のIoT水耕栽培キット「foop」で野菜を気軽に育てよう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

foop_1これまでなかなか手が出せなかったことが、気軽にできるようになったのもITテクノロジーのおかげ。農作物の栽培は、まさにその代表格といえるのではないだろうか。

スマートガーデニングデバイスは、過去テッカブルでも多く掲載している。主に海外製のプロダクトを取り上げてきたので、今回は日本の製品をご紹介したい。Wi-fi機能搭載のスマート菜園「foop」。スマホ1つで簡単に野菜を育てられる、国内初のIoT水耕栽培キットだ。

・光の強さから温湿度、水やりのタイミングまですべて自動で管理

foop_2ウリは、独自開発による特殊なケース。栽培環境の変化を把握するスマートセンサーを搭載。光の強さやCO2の濃度、温度から湿度情報まで、常時モニタリングする。本体上部には、太陽光に近い光質を出す3派長のLEDを導入。

室内でも、野菜の育成に必要な光質を与えることが可能だ。他にも、水やりのタイミングを教えてくれる水位センサーや、透明アクリルカバーの開閉状態を知らせるドアセンサーも装備。スマホ1つで、すべての状況を管理できるようになっている。

栽培の仕方も、簡単。栽培カップに種をセットし、水と液体肥料を入れてケース内に置く。あとは、育てる野菜を専用アプリで選択するだけ。お手入れや食べごろのタイミングはすべて、アプリが通知してくれる。

・食べたい分だけちょっとずつ栽培

foop_3栽培数は、最大20株。葉物なら12株、ハーブ系は一度に20株まで育てることができる。レタスや小松菜、ミニトマトなど、育成可能な野菜の種類も豊富にそろっている。

製品ラインナップは、現在3つ。木目が美しい“スタンダード”(4万8500円)と伝統工芸とのコラボレーションモデル“Premium”(2017年夏より注文受け付け開始)、研究室向けの限定品“Lite”(3万8500円)がある。3月21日に発売された“Lite”は特に人気で、キャンペーン価格品100台は、すでに完売だとのこと。

食べたい分だけ栽培できるのも、本品の大きな魅力。楽々菜園生活で、ヘルシーな食生活を手に入れてはいかが?

foop

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。