体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鈴木マサルコラボの動物園! ファミリアから 67種類の限定バッグが登場

familiar_ZOO_by_Masaru-Suzuki_01

親子で楽しめるワークショップも開催

2017年5月10日(水)から7月10日(月)までの2ヶ月間、東京・銀座の「ファミリア銀座本店」にて、「familiar ZOO by Masaru Suzuki」が開催されます。

今年創立67周年を迎えるベビー子ども服ブランド「familiar(ファミリア)」とテキスタイルデザイナー・鈴木マサル氏による初コラボレーション。ファミリアのロングセラーアイテムであるデニムバッグのものづくりをベースに、創立年数にちなんだ67種類もの限定デザインを鈴木マサル氏が手掛けました。

動物を柄のモチーフにしているので「familiar ZOO bag」。ファミリアのオリジナル生地のはぎれを用いて、ファミリア専属の加工者が刺繍からアップリケ、縫製まで、すべて手作りで仕上げる世界にひとつだけのバッグです。

会場には、鈴木氏が描くユニークなフォルムの動物たちが動物園のように、芝生や岩山、砂場、池、空など、それぞれが生息する場所に展示されるほか、本展オリジナルのプリントバッグやタオル、よだれかけ、Tシャツも展開されます。

会期中は親子で楽しめるワークショップも予定されています。さまざまな表情の動物たちの中からお気に入りのデザインを手に取ってみてください。

familiar_ZOO_by_Masaru-Suzuki_02 鈴木氏の動物をモチーフにしたデザインの「familiar ZOO bag」。裏側にもアップリケが施されている。全て一点もの。各サイズ:41 × 36cm、価格:3万円(税抜)。 familiar_ZOO_by_Masaru-Suzuki_03 左:王様のつもり

右:趣味は盆栽

familiar_ZOO_by_Masaru-Suzuki_04 左:守るものがある

右:偶然見つけた

familiar_ZOO_by_Masaru-Suzuki_05 左:好物はどこ

右:とぐろマニア

familiar_ZOO_by_Masaru-Suzuki_06 左:食べたのは僕じゃない

右:確かこっち

familiar_ZOO_by_Masaru-Suzuki_07 ファミリア専属の加工者が、刺繍からアップリケ、縫製まで、すべて手作りで仕上げています。
1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。