ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

妊娠しても仕事を続けたかったけど…。体が悲鳴をあげ退社することを決意

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20161031163319j:plain

妊娠してからもできる限りギリギリまで仕事を頑張りたいと思っていました。上司に報告する時は頭を下げて、今のままの仕事内容で働き続けたいとお願いしました。

というのも、1日中立ち仕事で力も使う作業が多い仕事だったからです。

他の社員の人たちは妊娠するとすぐに休みを取るようにしていたので、私は中でも異例だったと思います。

ですが私は、できるだけ生まれてくる子供の為に稼ぎたくて、生活の為に頑張ることにしたのです。

しかし、そんな考えは甘かったのだと思い知らされました。

6週目あたりからすぐに辛い症状が始まったのです。

いわゆる初期症状というもので、まず酷い頭痛に襲われました。そして、微熱が続き、とにかく眠くてだるいのです。

そして頭痛が治ったと思えば、次は立てなくなる程のつわりに襲われました。

たまに生理痛のような腹痛もありました。

何度も会社を早退してしまい、周りに迷惑がられているのも分かりました。

気分がいい日は大丈夫だろうと気持ちを切り替えて出社しても、今度は頻尿と下痢で仕事になかなか集中できません。

1日に30回はトイレに行っていたと思います。 関連記事:笑顔で職場復帰するために!妊娠中に私が行った仕事・人脈の社内貯金

本当に甘く考えていました。

周りの友人で妊婦で仕事をしていた人は沢山見てきたので、自分も大丈夫だろうと思い込んでいました。上司には無理するなと言われ、引っ越しも決まっていたのであっけなく退社を決めました。

でも今思えば、それでよかったんだと思います。

その後もしばらく辛い症状は続きましたし、仕事どころじゃなかったと思います。

妊娠が分かった時点で、これから自分の体に起こる変化がわかっていれば…。

幸い、妊娠した友人たちが悩んでいたイライラなどの情緒不安定はなかったので、人に当たることはありませんでしたが、長年続けてきた会社だったせいもあったので悔しい気持ちもありました。妊娠が分かった時は嬉しくて、その後の辛い事は考えられませんでした。

兄弟計画もあったので、今では違う職種に変わり、思っていた人生とは違う道に進んでいますが、どんな仕事をしていようと、自分の体と赤ちゃんを第一に考えるようにしています。 関連記事:「辞めるんでしょ?」妊娠報告した上司から衝撃の一言。私は辞めない。私が職場を変えてやる!

f:id:akasuguope01:20161030214203j:plain

著者:MAMIO

年齢:23歳

子どもの年齢:3歳

ギャル卒してハタチで出産。仕事も辞め、不安だらけの毎日を乗り越え、今はすっかり家事も子育ても楽しめる主婦になりました。可愛い可愛い息子の成長を噛みしめながら充実した毎日を送っています。趣味特技はウィンタースポーツですが、しばらくはお休み中。子供がもう少し大きくなったら、教えてあげて家族で楽しみたいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

私の仕事はお花屋さん。力仕事が多い職場で妊娠報告のタイミングに悩みました
再就職して1ヶ月で妊娠?!ワーキング妊婦さんになりました
妊娠と仕事の両立度は周りのサポート有無で変わる

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。