体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『明治ザ・チョコレート 深遠なる旨味抹茶』超絶人気チョコに待望の抹茶味。深すぎる味わいに感嘆必至!

発売から1年も経たずして、累計2,000万枚を突破! 気付けば日本を代表するチョコレートにまで上り詰めた『明治ザ・チョコレート』に待望の新製品『明治ザ・チョコレート 深遠なる旨味抹茶』が仲間入り。どれも濃厚な味わいが特長である同シリーズの抹茶味。一体どれほどの深みがあるのか…!?

明治のこだわりが詰まった、究極のチョコレートが生んだ抹茶フレーバー!

『明治ザ・チョコレート』は、カカオ豆の選定からチョコレートの成形に至るまで、すべての工程にこだわり抜いたBean to Barチョコレート。ハイセンスなパッケージも話題となり、今では空き箱をしおりや文具など、様々なアイテムに加工することが流行している。

今回登場した『明治ザ・チョコレート 深遠なる旨味抹茶』(50g・実勢価格約230円・2017年4月11日発売)のテーマカラーは深緑。カカオ分は58%で、カカオならではの香ばしさを厳選抹茶が引き立ててくれるという。レーダーチャートを見ても“ビター”部分が飛び出しており、相当苦みが効いているのだろうと覚悟を決める。

パッケージを開けると、相変わらずオシャレな内袋が3つ。根元から斜めに引っ張るおなじみの開け方で開封すると、カカオ豆がデザインされたチョコレートが登場!

『明治ザ・チョコレート』は割り方で味が変わるというフレーバーもあるが、この<深遠なる旨味抹茶>は過去に検証した「魅惑の旨味ジャンドゥーヤ」と同様、割って食べるタイプではない。

 
あわせて読みたい:『明治 ザ・チョコレート 魅惑の旨味ジャンドゥーヤ/鮮烈な香りフランボワーズ』人気チョコに新フレーバー登場!

 

横から見ると、上部が抹茶チョコ、下部がダークチョコの2層構造。抹茶部分は、ダークミルクチョコレートに抹茶を練り込んだというだけあって、かな~り濃い緑色。抹茶チョコと言われて想像する“ホワイトチョコと混ぜて作られた緑”とは全く異なっている。

ダークチョコからの濃厚抹茶…苦いけれど食べやすい、大人な味わいに拍手!

一口食べると…うん、濃いね。想像していた通り、苦みもある。だが、その苦みは抹茶だけのものではなく、むしろチョコレートのビター感が強い。

 

はじめは、抹茶の香りをあまり感じないほどダークチョコレートの風味が口全体に広がり、しばらく噛むことでその苦みがいつの間にか抹茶の苦みへと変化。最後は、抹茶の濃厚な風味で締めくくって消えていく。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会