ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

いま若い世代の男女が愛用している“神アプリ”は

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

いま若い世代の男女が愛用している“神アプリ”は
J-WAVEで放送中の番組「AVALON」(火曜担当ナビゲーター:河北麻友子)。5月2日(火)のオンエアでは、「若者たちのアプリ事情」を徹底調査しました!

この日、ゲストとして登場したのは、若い世代のスマホアプリ事情に詳しいという「kakeru」編集部の峠田あかねさん。「最近人気なのは、画像や動画などを加工するアプリ」と、いわゆる“加工系アプリ”の人気が根強いことを教えてくれました。

しかし、加工系アプリにはいくつか種類があるようで、「顔が“盛れる”アプリということでも種類はたくさんあります。食べ物を美味しく写すことに特化したアプリもあれば、『SNOW』とか『Snapchat』みたいな、顔にエフェクトが掛かるようなアプリもあります。写真の内容によってアプリをいっぱい使い分けている人が多いです」と、状況や目的に合わせて複数のアプリを使い分ける文化が定着しているとのこと。

また、河北をはじめ、インスタグラムユーザー間では「Boomerang」(ブーメラン)というアプリがはやっているとか。「簡単なGIF動画みたいなものができるんです」(峠田さん)と説明してくれました。

番組では、現役中高生への街頭インタビューも実施。すると、次のアプリの名が挙げられました。

・フォトスキャン(カメラアプリ)
・Analog Film(カメラアプリ)
・HelloTalk(言語交換学習アプリ)

「フォトスキャン」と「Analog Film」は、いずれもカメラアプリ。「フォトスキャン」は、現像した写真をスキャンしてくれる機能と、その際に発生しがちな光の反射を除去してくれる機能を搭載。「Analog Film」は、フィルムカメラで撮影した写真のように、マットな仕上がりが実現できます。そのいずれもが、画像にこだわる女子たちに大人気のようです。

一方、男子から挙げられた「HelloTalk」については、「外国人の方と友だちになることができるアプリです。お互いの学びたい言語が一致していたら、その場で友だちになることができて、チャットをはじめることができます」と峠田さん。さらに「翻訳ボタンもあったりして、翻訳したものが英語になって相手に送られ、スペルとか文法が間違っていたら指摘してあげることもできる」(峠田さん)と、なかなかのスグレモノのよう。外国人とコミュニケーションを楽しみたいという男子や、彼らの言語を学習したいという人に愛用されているようです。

海を隔てた外国でも同じようにスマホアプリは大人気のようで、「『musical.ly』というアプリがいま海外で大人気で、日本でも徐々に人気が出てきています。有名な曲に合わせて、口パクで合わせることができます」と峠田さん。いわゆるこの“口パク動画”作成アプリ。海外ユーザーのフォロワーも多い、あの渡辺直美さんも愛用しているそうです。

最後に峠田さんは、今後流行しそうなアプリについても教えてくれました。「エフェメラル系(InstagramStories、Snapchat、SNOW)と呼ばれる、消える動画や画像の加工アプリがはやってくるかなと思います」とのこと。これには海外セレブ事情に詳しい河北も「セレブの方とかは、インスタとかだと、1つの写真に対してすごいこだわらないとダメじゃん? 一生残るものになっちゃうから。でも、24時間で消えるから気軽にアップができるんです」と、思わず納得といった様子でした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:月・火・水・木曜 22時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。