ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

福原美穂、生まれてくる子どもに向けた曲を生で披露!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

福原美穂、生まれてくる子どもに向けた曲を生で披露!
J-WAVEでは5月3日(水・祝)に「UNIVERSAL LOVE」をテーマにした特別番組「J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL MITSUBISHI CORPORATION presents UNIVERSAL LOVE 2017」(ナビゲーター:グローバー)をお送りしました。今回は、シンガーソングライターの福原美穂さんをゲストに迎えてお送りした模様をお届けします。

福原さんは昨年開催された「Symphonic Concert 2016」で総勢300名(!)と共演。「クラシックとゴスペルの共演なんですけど、まったく違うバックグランウンドの人たちが一斉に音を出すこと自体が、まさにユニバーサルラブでした!」と福原さん。そのときに披露された「Oh Happy Day」を聴いたグローバーは、「青空をさらに突き抜けていくような歌声!」と絶賛していました。 まさに「歌うパワースポット」です。福原さんは、こういったプロジェクトを通じて、全国各地の人々と歌うことができたら…と、思いを語りました。

そんな福原さんは、2013年に岩手、宮城、福島の3県で一斉に花火を打ち上げる「SONG for LIGHT UP NIPPON」というプロジェクトを行い、子どもたちと一緒に花火を打ち上げるときに流す曲を作りました。500人の子どもたちとの収録はたった一回だったそうで、子どもたちの真っ直ぐでピュアな歌声と、そのパワーに大人たちも涙したそうです。

番組ではまた、福原さんが妊娠したときに、生まれてくる子どもに向けてレコーディングしたという「Something New」と、東日本大震災のあとに、心にある怒りをぶつけた「Bad Thing」の2曲を、オオニシユウスケさんとスタジオ生ライブ!

「Something New」は、赤ちゃんに向けてどこまで優しい、包まれるような歌です。「Bad Thing」は真逆の雰囲気の曲で、こちらの2曲に喜怒哀楽が詰まっています。 福原さんは「自分が変わっていって、人に愛を見せていくことで、周りが変わっていくこともあるので、自分が変わっていくということが、私からのメッセージです」と、曲に込めた思いを語りました。

実は福原さんは、もともとはシャイで、オープンな人間ではなかったそうです。音楽をはじめて、たくさんのライブをするうちに変わっていったとか。最後に、自分を変えたいと思っている人に向けて「まずは外に出ましょう。カフェにいったり、本屋さんに行ったりすると、何か見えてくと思うので、太陽を浴びましょう」と激励しました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:特別番組「J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL MITSUBISHI CORPORATION presents UNIVERSAL LOVE 2017」
放送日時:5月3日(水・祝) 9時−17時55分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/holiday/20170503/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。