ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

米Amazon、ペアレンタルコントール機能「FreeTime」のアプリをGoogle Playストアで公開、Fireデバイス以外にも提供対象を拡大

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米 Amazon は 5 月 3 日、Fire タブレットや子供向け Fire タブレット、Fire TV 向けに提供していたペアレンタルコントールサービス「Amazon FreeTime」の Android アプリを Google Play ストアにリリースし、Fire タブレット以外の Android デバイスでも同サービスを利用できるようにしました。Amazon はこれまで動画・音楽、写真、アプリなど、主にコンテンツを配信するサービスを展開してきました。今回の FreeTime にも子供向けコンテンツは含まれていますが、親が子供のタブレット利用を制限できる機能を提供するのは異例です。FreeTime の利用には月額 $2.99 のサブスクリプション「FreeTime Unlimited」が必要になるので、コンテンツ以外の分野でも有料サービスの提供を開始したことになります。FreeTime では子供向けのホーム画面を通じて 10,000 点以上の子供向け動画、アプリ、電子書籍、WEB サイト、YouTube 動画へのアクセスを提供するほか、前述のように親が子供のタブレット利用をモニタリングし、使用時間の制限を設定したり、年齢別にアクセス可能なコンテンツを個別またはプロファイルで定義することができます。ペアレンタルコントロール機能を利用すると、読書は制限しないものの、夜から翌朝までの動画視聴はできないようにすることや、一定の年齢以下には相応しくないと定義された WEB サイトや動画の視聴を制限することができます。Amazon は 4 月に新しい親用のダッシュボードを発表しました。親はこのダッシュボードで子供がどれくらいコンテンツを使用しているかや、読書や動画視聴にどれくらいの時間を費やしているかなども確認できます。「Amazon FreeTime」(Google Play)

■関連記事
丹後海陸交通、高速バス車内でフリーWi-Fiの提供を開始
Qualcomm、5月9日に中国でSnapdragon関連イベントを開催、Snapdragon 660を発表か?
Android版「Inbox」に重要なメールしか通知しない機能とメールの抜粋を通知に表示する機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。