体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

職場の「年上女性」にウンザリ…どう対応すべき?

「働く女性の成功、成長、幸せのサポート」という理念のもと、キャリア支援やコンサルティング、現在では結婚コンサルタントなど、幅広い領域で活躍されている川崎貴子さん(川崎さん執筆の過去記事はこちら)。そんな川崎さんが、「“働く女性”に立ちはだかるさまざまなお悩み」に、優しくも厳しくお答えするこコーナー。第一弾は、年上女性とのコミュニケーションに悩む女性からのお悩みです。

職場の「年上女性」にウンザリ…どう対応すべき?_イメージ画像1

<今回の相談内容>

同じ部署の、40代の女性上司とのコミュニケーションに悩んでいます。その方は感情的なところがあり、その時の気分や人に対する好き嫌いで対応が変わります。一番憂鬱なのは毎月のランチ会です。ランチ会では部署の女子で集まり、プライベートな話までしなければなりません。彼氏ができた、結婚する、などは、一番先に彼女に報告しないと気分を害してしまいます。また、他の人の悪口を私に言ってくることもあり、どう対応したら良いのかわかりません。

(27歳・メーカー・女性)

回答者:川崎貴子

川崎貴子

1972年生まれ。埼玉県出身。

1997年に働く女性をサポートするための人材コンサルティング会社(株)ジョヤンテを設立。女性に特化した人材紹介業、教育事業、女性活用コンサルティング事業を展開。2017年3月に同社代表を退任し、同年4月よりリントス(株)代表に就任。女性誌での執筆活動や講演多数。著書に『結婚したい女子の為のハンティング・レッスン』『私たちが仕事を辞めてはいけない57の理由』『愛は技術 何度失敗しても女は幸せになれる。』『上司の頭はまる見え。』『モテと非モテの境界線』がある。株式会社ninoya取締役を兼任し、2016年11月より、働く女性の結婚サイト「キャリ婚」を立ち上げる。婚活結社「魔女のサバト主宰。女性の裏と表を知り尽くし、フォローしてきた女性は1万人以上。「女性マネージメントのプロ」「黒魔女」の異名を取る。12歳と5歳の娘を持つワーキングマザーでもある。

<回答>

私は前職を含めると24年近く転職希望の女性達のキャリアカウンセリングをしてきたので、このようなお悩み相談は1,000件近く受けてきた自負がございます。ですから、「そんな会社やめてしまえばいい!」とは簡単に言い難い。私個人で1,000人も、そんな「立場は上司、精神年齢は女子高生」な困った人達を間接的に確認している訳ですから、実際にはその何十倍も、あえて言えばどの会社にも、程度の差こそあれ彼女たちは存在していると思われます。

では、女性の少ない会社や女性上司のいない会社に転職すれば良いのでは?とお思いになるかもしれませんが、「派閥を作るのが好きで、感情の起伏が激しく、人の悪口を言いまくる上司」って実は男性にも多いのです。ですから、下手をすると折角転職したのに新しい職場にも同じような上司がいる!という無間地獄になりかねません。

ここはひとつ、相談者さん自身がスキルアップをして、この面倒くさい状況を打破してみてはいかがでしょうか?転職するのはその後でも遅くありませんし、このような問題は職場だけじゃなく、結婚してからも、子供を産んでからも、ありとあらゆる人間関係の中で遭遇可能性が高いからです。

考えうる解決法を3つご紹介します。

【パターンA】「忙しい人認定」されるべし

職場の「年上女性」にウンザリ…どう対応すべき?_イメージ画像2
1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会