ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

SNSにあげたい!トロピカルスイーツブッフェがフォトジェニックでかわいすぎ♪【名古屋】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
SNSにあげたい!トロピカルスイーツブッフェがフォトジェニックでかわいすぎ♪【名古屋】 1705_sirwinston_main

甘いもの大好き人間にとって天国とも言えるスイーツバイキング♪

東海地方の数多くのスイーツ好きが絶賛するスイーツブッフェがここ、サーウィンストンホテルなんです。

実はこちらはブライダルがメインのホテル。

落ち着いた八事の地にあり、洗練された建築、本格的な西洋の調度品に気分もあがります。

そんな人気のスイーツブッフェに新たなメニューが出るとのことでさっそく取材に行ってきました。

資料を見るとトロピカルな味はもちろん楽しみなんですが、どれも写真映えするカラフルでかわいいものばかりなのに驚き!

これは女子同士で出かけてインスタやFacebookなどSNSにあげたくなっちゃうこと間違いなし!

ただのスイーツブッフェ、デザートブッフェではない注目ポイントをご紹介します。

記事配信:じゃらんニュース

トロピカルな気分で夏を先取り!テーマはネバーランド♪

トロピカルワンダーランド

【開催期間:5/9(火)~6/30(金)】

サーウィンストン 1705_sirwinston_senpou03

子供達が笑顔を忘れない、不思議な島ネバーランドをテーマに繰り広げられるたくさんのスイーツ。

妖精や動物が住み、フルーツや甘いお菓子がいっぱいの世界!

たくさん散りばめられた宝物は全てデザートです♪

トロピカルなフルーツをふんだんに使ったデザートはどれもこだわりの味で、甘さ控えめなので何個も食べれちゃいます。

それもそのはず、今回のデザートブッフェ用に専属パティシエがすべてホームメイドで作り上げられたもの。

ひとつひとつ素材へのこだわりが感じられ、目でも味わえます。

スペシャルディッシュ+オーダーブッフェで贅沢な気分♪

1705_sirwinston_senpou06

妖精の魔法がかかったような美しい1stディッシュ

サーウィンストンホテルが他のスイーツブッフェと少し異なるのが注文のスタイル。

まずは「1stディッシュ」と呼ばれるスペシャルな一皿が一人ずつ運ばれてきます。

こちらはおかわり不可。

テーマに沿ったまさにスペシャルな盛り付けでこれだけでも十分な気分にさせてくれます。

その後も自分で好き勝手取りに行くわけではなく、ショーケースの前で好きなスイーツを注文します。

スタッフの方が注文を聞いてひとつずつ丁寧にお皿に載せてくれるので、ブッフェによくある、人だかりができたり、新商品が投入された途端に行列ができたり、皿の上がてんこもりで汚くなったりということがありません。

スイーツの素材やちょっとした説明が聞けるのも嬉しいポイント。

なんだかちょっと贅沢な気分で楽しめますよ。

SNS映えするフォトジェニックなスイーツ達に感動♪

テーマがネバーランドということで、どのスイーツもその世界観がたっぷり。

どれも小さな手のひらサイズながらデザインにこだわり、その完成されたビジュアルについつい一品ずつ写真を撮ってしまいます。

これはインスタなどにあげたくなること間違いなし!

取材に行って実際に試食した中から印象的なスイーツをピックアップしてご紹介します。1705_sirwinston_cake07

「ピンク・パラダイス」

一番目を引いたのがこちら!

ヒョウ柄が何ともキュートです。フランボワーズの甘酸っぱさがクセになりそう。1705_sirwinston_cake02

「植木ショコラ」

ここ最近人気の植木鉢をモチーフにしたケーキ。

土の部分はチョコレート。ザクザクしててチョコの味が濃い!1705_sirwinston_cake01

「レインボー・バームクーヘン」

こちらも写真映えするカラフルなスイーツ。

虹をイメージした七色が色鮮やかで食べるのがもったいないですね!1705_sirwinston_cake09

「フラワーマカロン」

かわいいお花モチーフのマカロン。

マカロンと言えばちょっと高単価のスイーツですが、もちろん好きなだけ食べられちゃいます。

さっくりした歯ざわりとクリーミーさが絶妙なバランスです。1705_sirwinston_cake03

「レモンケーキ」

お星さまがなんともキュートなスクエアのケーキ。

レモンの甘酸っぱさが口の中に広がります。1705_sirwinston_cake08

「レイン・ドロップ」

そろそろ小休止。つるんとしたゼリーで口の中をすっきりさせたいですね。

養老の名水で作られたゼリーに自分でシロップを投入するユニークな仕掛けが印象的。1705_sirwinston_cake06

「グァバジュレ」

こちらも爽やかな味わいのジュレ。

グァバの風味に気分はトロピカル♪1705_sirwinston_cake11

「グリーンハット」

そろそろ日本の味も楽しみたいところ。

こちらは抹茶モンブラン。濃厚な抹茶の風味に心が落ち着きます。1705_sirwinston_cake10

「レアチーズ・ポップ」

一口サイズが嬉しいレアチーズケーキ。

バータイプのスイーツも最近インスタなどで人気ですよね。1705_sirwinston_cake05

「マンゴータルト」

個人的に一番おいしい!と思ったのがこれ。

ジューシーなマンゴーにサクサクのタルト生地が抜群にマッチ!

他にもたくさんあるのでぜひ実際に足を運んで味わってみてください。

新たにオリジナルパフェ作りができるコーナーも登場♪

自分だけのパフェを作って自慢しちゃお!

1705_sirwinston_pafe09

今回もうひとつの注目ポイントは新たに設けられた「Parfait Photo(パフェフォト)」。

自分で好きな材料でパフェが作れるのですが、このモチーフがとにかくかわいい!

うまくできたら写真を撮ってみんなに広めたくなりますね。1705_sirwinston_pafe10 まずはアイスクリームに…1705_sirwinston_pafe11 生クリーム!1705_sirwinston_pafe03 トッピングもこんなにいっぱいありました!1705_sirwinston_pafe05 これだけでプロの仕上がりっぽくなるクルクルのチョコレート1705_sirwinston_pafe06 ナッツだけで5種類も!1705_sirwinston_pafe07 載せるだけで絵になるうさ耳チョコレートもあります1705_sirwinston_pafe08

ソースも選べる!左からチョコレート、マンゴー、抹茶、ストロベリー。

これだけトッピングがあったら味も無限大!

ケーキだけでもおなかいっぱいになるのに食べきれません!

きれいに作ろうと夢中になりすぎると時間が無くなっちゃいますよ(笑)。

まとめ

どれもかわいくて美味しいスイーツばかり。

ウェディングホテルだけあって高級感のあるラグジュアリーな館内。

ちょっとソファに座って写真を撮るだけでも絵になり、贅沢な気持ちが味わえますよ。

人気ゆえ、数日前に公式ホームページで予約してからのおでかけがおすすめです。

1705_sirwinston_kaijou01 1705_sirwinston_kaijou02 サーウィンストンホテル

TEL/052-861-7901(代)

住所/愛知県名古屋市昭和区八事本町100-36

場所/リストランテ マンジャーレ

営業時間/1部14時~15時30分、2部16時~17時30分(各90分間・入替制)

定休日/月曜

料金/大人3000円(土日祝3400円)、小学生1600円、3歳~5歳800円、0歳~2歳無料

アクセス/名古屋市営地下鉄八事駅直結

「サーウィンストンホテル」の詳細はこちら

※この記事は2017年5月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

隠れた温泉天国!鳥取・島根に泊まって堪能したい実力派温泉地10選
ハンターや職人体験まで!?女子旅にもおすすめの非日常体験スポット【山梨】
今年、流行の予感!?“男子旅”でおすすめしたい指宿のスポット7選【鹿児島】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。