体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

消化器疾患の検査が楽に⁉︎腸内ガスを測定するカプセル、人体試験で安全性を確認

fullsizeoutput_290dオーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学(RMIT)はこのほど、同大学の研究者らが開発した腸内ガス測定のカプセルを初めて人体で使用し、安全性を確認したと発表した。

カプセルは経口摂取型で、センサーを搭載。消化器官内を移動しながらガスを測定し、データをリアルタイムに端末にワイヤレス送信する。

・ガスの種類や濃度を特定

腸内ガスを測定することで、その種類や濃度、場所から病気を特定することが可能なのだという。

胃カメラや大腸内視鏡などの検査を経験したことのある人はよく分かるかと思うが、そうした検査は患者の体力的負担が大きい。通常のカプセル薬より若干大きめながら、このカプセルなら飲むだけなので検査がかなり楽になる。

・呼気検査よりも高精度

カプセルはガスセンサーのほかにマイクロプロセッサー、電池、高周波トランスミッターなどを内蔵する。データはリアルタイムにスマホなどの端末に送信され、診断に活用される。

研究チームによると、楽に行える消化器系の検査の一つとして呼気検査があるが、カプセルの方が感度が優れ、診断の精度もかなり高いとのこと。

トライアルの結果は5月に米国シカゴで開かれる消化器専門学会で発表される。

RMIT

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。