体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本が誇る世界遺産一覧

日本にはいくつ世界遺産が登録されているか皆さん知っていますか?2018年1月現在、日本には文化遺産17個、自然遺産が4個の計20個もの世界遺産が登録されているんです。

有名どころは知っているけど、全部は言えない人も多いはず。そんな人のために、日本の世界遺産一覧の最新版をまとめてみました!

*編集部追記
2017年5月公開の記事に、新たに1ヶ所を追加しました。(2018/1/20)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

日本の世界遺産に行ってみての感想

photo by pixta

世界に認められた日本の宝物・世界遺産。私は世界遺産に選定された場所を何ヶ所か訪れたことがありますが、どれも世界遺産の名に恥じない、素晴らしい場所ばかりです。

例えば歴史ある奈良の法隆寺や、雄大な自然に心奪われる屋久島、古き良き日本の原風景を鑑賞できる白川郷など、歴史的なスポットから自然豊かな観光地まで、世界遺産のバラエティーはとても豊かです。

時間に余裕がある方は、日本の世界遺産をめぐる旅をしてみるのも良さそうですね。今までは気づけなかった、新しい日本の魅力に触れられるかもしれません。

 

おすすめのベストスポット

photo by pixta

北海道の東部に位置する知床は、2005年に自然遺産に登録されました。北半球における流氷の南限とされるこの一帯には、独自の自然と生態系が息づいています。知床はヒグマの生息地としても知られており、その豊かな自然は保護されるべき存在です。

知床には、知床五湖やカムイワッカ湯の滝、フレペの滝など見所がたくさんありますので、ぜひゆったりとした日程で旅してくださいね。

 

1.法隆寺地域の仏教建造物(文化遺産/1993年/奈良県)

photo by pixta

1993年、日本で初めて世界遺産として登録された「法隆寺地域の仏教建造物」。奈良県にある法隆寺と五重塔など、法隆寺の建造物48棟が世界遺産になっています。

法隆寺は7世紀初頭に推古天皇および聖徳太子により創建されたとして伝わり、世界最古の木造建築群としても国際的に知られています。
また、飛鳥時代をはじめとした重要な仏教美術品を多く収蔵をしており、日本の仏教文化を知るうえで重要な存在です。

 

2.姫路城(文化遺産/1993年/兵庫県)

photo by pixta

法隆寺と同じく1993年に世界遺産に登録された「姫路城」。兵庫県の姫路市にあるこの城は、白鷲が羽を広げた如く美しいことから別名「白鷺城」(はくろじょう/しらさぎじょう)と呼ばれています。

慶長14(1609)年に建築された天守閣は400年たった今でも現存しており、姫路城は国宝や国の重要文化財、日本の城100選などにも選ばれています。入城することもでき、天守閣からの眺めは圧巻です。まるで江戸時代にタイムスリップしたような気持ちになりますよ。

 

3.屋久島(自然遺産/1993年/鹿児島県)

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy